2014年09月30日

今期を振り返ってみると

 こんなに反省の多いシーズンは初めてだ(^^;

 こういうアニメばっかりだとさすがに疑問も出てきますが、良い作品は良かったので…選択眼が問われるということなのでしょうね。本日「ばらかもん」が残っていますが、ひとまず総括。

◇良かった作品
「さばげぶっ!」「月刊少女野崎くん」「みならいディーバ」「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた」

 こうしてみると、見事にギャグばかりですね。「ろこどる」がやや日常ものっぽいぐらいで。セールス的にも期待が持てそうな「野崎くん」と技術的に多くの成果を残した「みならいディーバ」は特に今後も期待というところでしょうか。

 実は昨日、「アニメマシテ」という新番組PR枠を視聴しました。ふつうならPV枠だけ見てあとは飛ばすのですが、あけこ姉のMCがおもしろすぎて、つい最後まで見てしまいましたよ。番組的にもただのPRにとどまらない面白いものだったと思う。機嫌のいいあけこ姉というのも初めて見たし。実はここで、新番組に出るりえしょんを見ました。「みならいディーバ」はほぼ素とはいえ、ある程度キャラを作っているんだろうと思っていたら、ずーっとあんな感じかこの人は(^^;洲崎西コンビやあけこ姉のように意識的に面白いことを言おうとしているわけではなくて、ただただ素でこれなんですね。素に頼りすぎると持たないので、今後どれだけプラスアルファが積めるかですが、確かに期待は持てそう。

◆良くなかった作品
「アルドノア・ゼロ」「グラスリップ」「残響のテロル」「キャプテン・アース」

 大失敗作がずらり4本、しかもシリアスばっか、とくればそれはあきれもするかな。しかも「キャプテン・アース」は二期作品ですよ。オレの時間を返してくれと言いたくもなる。「グラスリップ」は、まあある意味では好意的に見ているのですが、演出重視主義の立場からみればやっぱり失敗作は失敗作ですね。「アルドノア」に至っては、ブッチーさんが立ち上げた時とまったく別物になってしまってるんだけど。
   
○視聴継続の二期作品
「プリパラ」「ソードアート・オンラインU」「ヤマノススメ2」

 「プリパラ」感心してます。やるやん森脇監督。これだけ本気の子供向けアニメ、久々に見た。「ヤマノススメ2」は無難ですが、15分枠というのは、このアニメにとってちょうどいいのかもしれない。後半もよい旅を。「ソードアート」は出だしはそう悪くもなかった。キリトさんをむしろ脇にまわして、別の主人公を追いかけていくのはいい選択でした。だからむしろ二人が合流してからが問題で、ミステリタッチの展開で新味を出したというのに、脱力ものの結末はかなりがっかり。これ、ミステリでいえばミスリード系の推理で、ここからさらにもうひとひねりするのが鉄則ですよ。個人的には、ガチでネット上から殺人するトリックをひねりだすことは可能だと思う。後半はまあ、様子見。

●途中で視聴を止めた作品
「Free!2」

 腐女子のみなさんごめんなさい。半分くらいで耐えられなくなって切った。一応、消さず置いてはおいたけど、どんどん腐女子向けにサービスが濃くなっていったようで…女性陣が美少女インフレアニメにどういう疎外感を抱くか、肌身でわかりました。そういう点では収穫あったかな。
posted by てんちょ at 11:20| 大阪 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
5日6時半からテレビ朝日系で始まる
「ワールドトリガー」やっています。
本郷監督と共に、初の東映作品です。
とりあえず、お知らせまで。
Posted by いちのせ at 2014年10月02日 07:03
おおーおひさしぶりです。しかも本郷監督ですか!デルトラの。見る予定で予約は入れておりますが、これは一気に楽しみになりました。「一瀬色」との再会、期待しております。
Posted by てんちょ at 2014年10月02日 16:03
「simoun」や「true tears」では成功した西村監督ですが、「グラスリップ」は本当にどうしてしまったんでしょうね。
「アルドノア・ゼロ」は、内部での役割が外からは正確に見えないのですが、ブッチーさんが抜けたからダメになったと言っていいのかは疑問です。脚本は書いていないけど、内容についてかかわっていた可能性もかなりありますし。個人的にはあおきえいコンテ回は面白い説に一票です。
Posted by unlimited1945 at 2014年10月03日 10:29
 ありがとうございます。

 西村監督については、まあここまでわがままな作品、早々できるもんじゃないので、それはそれで評価すべきなのかなとか最近思ってます。成功作というのは無理ですが(^^;
 この経験を生かした次回作に期待というところでしょうか。

 「アルドノア」は、まあところどころは面白い部分もあるんですが、パズドラかと思っていたらスーパーロボット対戦だった、という展開は商業作品としてどうなのと思わないでもないです。最初の3話とそれ以降がこれほどまったく違う作品にならなければ、こういう騒ぎにはならなかったんでしょうね。4話以降も独立してみればまあ面白いといえば面白いけど、基本設定と少々ケンカしてるところが気になるという感じでしょうか。
Posted by てんちょ at 2014年10月03日 18:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック