2005年05月25日

ヤンマーニヤンマーニヤンマーニ

 えーというわけで、「MADLAX the bible」をめくっております。まだ隅々までじっくり読んでいるわけではないのですが、ところどころパラパラ読んでみても、なかなか面白いし、これ一冊でかなり資料的価値の高い一冊になっています。1話ずつ1ページで解説されているのは、後から評論で触れる時にチェックしやすくて本当に重宝。DVDでいちいちお目当てのシーンが何話にあったか探すのは大変でしたからね。

 キャラクター設定表をチェックしてても「ほほう」という感じの発見の連続。スリースピードも、最初はそのうち顔が出るはずだったんですね。ここで始めての全身像お披露目。なかなか顔が出ないので、私は、フライデーの一人二役なんじゃないかと疑っていたんですが、とうとう最後まで出ないとは予想外でした(笑)

 マイナーな声優さんがズラリとならんでいるので、過去の経歴がフォローされているのも大変にありがたいところ。私は声優マニアじゃありませんので、ぜんぜんわかんないもんですから。ナハルが新人さんというのは意外でした。この人、この先が楽しみですね。

 真下監督、北山P、黒田氏の三巨頭対談(笑)は、まあどこかで聞いたことのある話がほとんどだったので、あまり驚きもなく。量子論についてぜんぜん触れてなかったのはガッカリしたような、ホッとしたような(^^;
 ただ、後半は「ヤンマーニ」が完全に制作側にフィードバックされていたというのは興味深いエピソードでした。まさしく「ヤンマーニに始まりヤンマーニに終る」と。この本も「ヤンマーニ」尽くしだし(笑)「想定していなかった事態」ということですけど、そりゃそうだろうね。こうしてこの作品はカルトではあるものの伝説の一本となることができました。後は、個々人がどう読み解いていくか、です。

 実をいうと、梶浦嬢の歌詞は非常に聞き取りにくいの部分がありまして、「第2ヤンマーニ」とも呼ばれる「I'm here」の冒頭などは、私は
「♪銀杏草を神様は許さないわ〜」
と歌っているんだとばかり思ってました。正解は
「こんな嘘を神様は許さないわ」
なんでそうなるねん。
そもそも何だよ、銀杏草って(^^;
posted by てんちょ at 22:59| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MADLAX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3899521

この記事へのトラックバック