2013年11月02日

「魔法少女ほむら☆たむら」

 目下絶好調の二次創作まどかですが、商業誌でこれほど大盛況になるとはねえ。そして「叛逆」に合わせて大挙単行本も刊行されたのは大いなる驚き。個人的にはなんといってもこれかな。

魔法少女ほむら☆たむら〜平行世界がい 1|あfろ|芳文社|送料無料

魔法少女ほむら☆たむら〜平行世界がい 1|あfろ|芳文社|送料無料

 「きらら☆まどか」はずっと購読してますが、これは買ってしまった。なんせサブタイトルが「平行世界がいつも平行であるとは限らないのだ」ですからね。お察しのとおり、関連作品中ではダントツでSF度が高い。いわばほむらのパラレルワールド遍歴のパロディなんだけど、オリジナルよりはるかに自由度が高く、マミだらけの時間軸とか、全員がうっかりさんの時間軸とか、よくまあこれだけフリーダムな発想が出来るなと感心してしまいます。

 実際、基盤となるアイデア自体は割と思いつきやすいと思うのだけど、こうしてまとめて読んでみると、回が進むにしたがってどんどん変な時間軸が出てくる、しかもかなり一筋縄ではいかないものばかり。まあ、ネタバレも野暮なんでぜひ手に取ってくださいな。「きらら☆マドカ」連載陣の中では一番のお薦めです。

 それとこの人、キャラ立てがなかなかうまい。うっかりさんのさやか、食欲魔人の杏子は予想の範囲内ですが、ものすごく死にやすいマミに変形しやすいキュゥべえとか、どんな発想やねんそれはとツッコミたくなるすごさ。そしてなによりもほむほむのツッコミ属性の高いキャラが作品の構成にドンピシャでハマってる。

 え、まどかですか?これが毎回予想がつかない。この作品のイレギュラーはまどかじゃないかな。まあそれに振り回されるほむほむもらしいといえばらしい。

 とにかくまあ読んでください。必携。あんまりほむほむファンじゃない私が言うぐらいなんだから。
posted by てんちょ at 01:36| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 魔法少女まどか☆マギカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック