2007年03月22日

ネギま!?第25話「これにて、一件落着!?」by 語りべ

 いやあ、いい最終回だった。もとの日常に戻ったみんなの様子を追いながら、きちんとこのアニメらしい無意味なギャグもそつなく盛り込んで。

 明日菜の「髪の毛で時間表示」が第1話から復活してましたけど、第1話と違ってちゃんと地上波トリミングでも読み取れるように配慮されていたのが感慨深い。それがいいことかどうかはさておいて。まあ、黒板ネタも大量に復活してましたから、今回は金曜日にやるネタもそれなりにありそう。

 地上波と衛星での画角の違いを逆手にとって地上波で見えない部分にネタを詰め込む自虐的なスタイルは、このアニメならではでしたから。本当、地デジ全面移行までの過渡期の今でしかやれないネタだな。いいことかどうかはさておいて(笑)

 今回のエピソードで一番辛い思いをしたアーニャに、最後に見せ場を設けたのもかなりイキなはからい。おかげで、本当にサワヤカに見終えることができました。最後の最後でチュパカブラが登場して「ルーンヤ」と鳴いておしまい、という結末は実にうまい。山あり谷あり…というか、後半戦は苦戦の連続でしたが、個人的にはとても楽しめた半年でした。新房監督、おつかれさま!

 …って、まだ続くの?(^^;第26話?この先にさらにいったいどんな蛇足が必要というのか。あ、でもそれをやってしまうのがこのスタッフなのか。さぞや無意味なことでしょう(ほめ言葉)楽しみにしてます。
posted by てんちょ at 14:21| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ネギま!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
監督、疲れてしまったのでは?
見ていてなんかそんな感じがします。
たしかにギャグはぶち込まれていますが「狂騒的」という感じがすっぱり落ちているような。
気のせいかもしれませんが……。
Posted by ポール・ブリッツ at 2007年03月22日 16:51
まあ、半分イヤミですってば(^^;
しかし純粋に「エピローグ」としてはよくできていたかなと。そこに1話費やす価値があるかと問うならば、著しく疑問であるのは確かなんですが(^^;まあ、そういうことを言い出せばこのアニメ自体がいらんということになりかねんので、そこは言わぬが花かと。問題は、エピローグのそのまたあとがあるってことだな…
Posted by てんちょ at 2007年03月25日 02:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック