2006年11月19日

ネギま!?第7話にみる画角の研究

 今回はもう、隅々までネタだらけ。スタンダード版と比較している余裕はそんなにないので、比較は一枚だけ。冒頭、誇らしげにチュパ研Tシャツを掲げる明日菜ですが…

negi7-1b.JPG

 ワイド版ではこんな感じ。実は魚眼レンズ撮影を模した実に凝った構図だったんですねーワイド版だとよくわかります。ネギ君、主人公なのにカットされてたのか(^^;

negi7-1.JPG

 後はもう、ワイド版のみで。ひたすらネタを追いかけていきましょう。
 刹那の肩先にチュパカブラが…

negi7-2.JPG

 ワイド版でだけ見える位置の段ボール箱に「16:9ビスタサイズ」のマークが。ケンカ売ってるんかい!(^^;

negi7-3.JPG

 Tシャツの在庫崩壊で驚く女子寮の住人たち。スタンダード版では左右が切れていましたから、フル画面をお見せしましょう。構図の見事さにうなるほかないですね。

negi7-4.JPG

 もうひと画面。

negi7-5.JPG

 出席を取っているネギ君の手前の席に張られた紙。「冷酒とオヤジの小言はあとから効く」そ、そうなのか…

negi7-7.JPG

 さよの席の後ろに張られたポスター「12月、感動のロードショー」って何が…?

negi7-8.JPG

 そして2枚目のポスター。話題騒然の「全力でやつらを見逃せ」はこんな感じでした。

negi7-9.JPG

 黒板ネタ「レオパルドンGO」これって劇場版「うる星2」でも出てた面堂の戦車のレオバルドのこと?

negi7-10.JPG

 必死でTシャツの損害を解消しようと電卓を叩く明日菜。なぜか画面にはパックマンが…電卓にはチュパカブラシールが貼られています

negi7-11.JPG

 茶々丸の後ろの張り紙「X箱を買ったことは後悔していません」まあ、何だ。XBOXぐらい自虐ネタが似合うゲーム機もないわけですが。セガサターンの末期ぐらいまで開き直ってくれたら楽しいのに。

negi7-12.JPG

 裕奈のアイキャッチ。なぜか兵隊の顔がヒヨコ??

negi7-13.JPG

 ま、みなさんおわかりと思いますが「トトロ」ネタ。「サツキとメイの家」は、名古屋で保存され、今もなかなか入れません。

negi7-14.JPG

 モトネタは「釣りキチ三平」…って見直してて気が付いた。

negi7-15.JPG

 絵を描くバルと古緋。両側には二人の商売道具が(笑)左側は格闘マンガでおなじみ訓練アイテム。右側のでかい木人形は、美大系の学生がよく使うデッサン人形の特大版。これがあったら古緋のモデルはいらないんじゃあ…

negi7-16.JPG

 壁穴に張られた「サイレント魔女リティ」のポスター。なんのこっちゃと思ったら、実際にそういう架空のアニメ設定が作られ、公式サイトまであるんだとか。公式サイトではパクられた、と騒いでます(笑)サイレント・マジョリティからきているらしい。

公式サイト http://musashi.nm.land.to/rity/

negi7-17.JPG

 そして黒板ネタ。語尾の「にょろ」というのは、「涼宮ハルヒの憂鬱」のパロディキャラ、ちゅるやさんから来ているそうで。

negi7-18.JPG

ちゅるやさんについて効率よくまとめたサイトはこちら。

http://tangerine.sweetstyle.jp/?eid=593671

というわけで今回はここまで。うーん。今回は大変でした。これから先、冬コミが近づいてくるわけですが、こんなにマメにキャプしてられるかなあ…一週飛ばしたりキャプ数が減ることもあるかもしれませんが、どうかご容赦を。できるだけがんばって続けていきますゆえ。
posted by てんちょ at 02:34| 🌁| Comment(11) | TrackBack(1) | ネギま!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらでは初めまして、ピーターです。
ネギま!?は観てないんですが、画角検証は毎回楽しく見させていただいてます。こちらだけでも充分楽しめますね(笑)

「レオパルドンGO」>
恐らくは、懐かしき「東映版」スパイダーマンでスパイダーマンが乗り込む無敵ロボット(笑)のレオパルドンではないでしょうか?

「格闘マンガでおなじみ訓練アイテム」>
ご存知とは思いますが、木人と言う名前だったかと。木人繋がりなんですね(笑)
Posted by ピーター at 2006年11月20日 00:39
こんにちはピーターさん。
なんでお若いのに知ってますか、東映版スパイダーマン。あれって、スパイダーマンのスーツがシワだらけで悲しかったよなあ。
しかしそんなネタわかんないですよ、実際(笑)
>木人
おや、そうなんですか。デッサン人形なんだとばっかり思ってましたが。確かに大きい(笑)
Posted by てんちょ at 2006年11月20日 01:28
>しかしそんなネタわかんないですよ、実際(笑)

それを言い出したら、ガンツ先生だとかカリメロの立つ瀬がないじゃないですか(笑)
こういう、明らかに30代後半の人間にしか分からないネタを出してくるところに監督の戦略があるんでしょうなwww
Posted by メニッポス at 2006年11月20日 12:24
>しかしそんなネタわかんないですよ、実際(笑)

それを言い出したら、ガンツ先生だとかカリメロの立つ瀬がないじゃないですか(笑)
こういう、明らかに30代後半の人間にしか分からないようなネタを出してくるところに、監督の戦略があったりなかったりするんでしょうなwww
Posted by メニッポス at 2006年11月20日 12:26
ちなみに、ピーター様がレオパルドンのことを無敵ロボットといっているのは、番組初盤で特撮チームが解散してしまったため、巨大ロボットが戦うシーンを撮れず、レオパルドンの出ている場面ではバンクシーンを多用せざるを得なくなり、その結果として、シリーズ全話を通して、レオパルドンにさわることのできた敵はたった二体という、東映でも指折りの無敵ぶりを発揮したことによります。それがかえって当時の子供には、レオパルドン強し、のイメージを与えたのだから世の中わからないものですなあ。

今回は、ツィメリットコーティングというセリフが、個人的に一番のツボでした。まさか平日17時30分のアニメでこの言葉を聞くとは・・・。
Posted by ポール・ブリッツ at 2006年11月20日 16:57
画角の話で思っていることなのですが、どうして地上波ではレターボックスで放送しないのですかね。

オープニングやエンディングでレターボックスにしているのならば全部すればいいのに。
Posted by riku_mio at 2006年11月20日 18:59
レオパルドンはキン肉マンのネタキャラだと思っていた。
今回の分かりやすいネタはさよが女子寮をさまようところがゼルダ(FC)ぐらいかな。
Posted by zero at 2006年11月20日 23:04
みなさん、なんか一気に書き込み、ありがとうございます(^^;

>メニッポスさん
 いや、それはそうなんだけど、30代後半でないと分からないネタで埋め尽くされた夕方のアニメって何なんでしょうね(^^;深夜アニメならまあわかるんだけど。30代後半で、リアルタイムに見ている人はほとんどいないと思うぞ。

>ポールさん
 な、なるほど…さすが特撮は詳しいですねえ、ポールさん。勉強になりました。世の中、何が幸いするか分からない。ところでツィメリットコーティングって…何?

>riku_mioさん
 そういや今回はゲーム風場面もワイド画面でしたよね。二回目見てようやく気付いたけど。せめて地デジぐらいはワイドでやってもバチ当たらないと思うんだけどなあ。

>zeroさん
 ゲームネタのところは、ゼルダの伝説だったんですか。なるほど。刹那の肩書きが「うっかり侍」で、うっかり値がガンガン上がっていくのが笑いましたよ。ぱにぽにではくるみの地味値が上がって消えてしまうというネタがありましたっけ。
Posted by てんちょ at 2006年11月21日 01:40
老若男女を問わず楽しめるアニメ、というのが事実上不可能に近しいならば、ターゲットを絞って狙い撃ち、の方がイイんですかね?(それにしてもピンポイント過ぎな気もしますか)

「お若いのに〜」>
父がスパイダーマンだったものですから(笑)まぁアトラクションショーのスーツアクターだっただけですけどね。
お陰で特撮には結構詳しいです。
Posted by ピーター at 2006年11月21日 02:31
ツィメリットコーティングというのは、大戦中ドイツ軍が、敵の磁力吸着地雷を想定して、自軍の戦車に施した、表面加工のことです。このコーティングがされていると、地雷を磁石でくっつけようとしても、つるつる滑って落ちてしまうのであります。よく戦車の写真なんかで、ドイツ軍の戦車だけが、妙に表面にギザギザデコボコがあるのはこのせいです。今回、戦車のジオラマを説明するシーンで、○○(えーと誰だったっけ・・・)さんがこれに触れているのは、自分が作ったプラモの表面に凹凸をつけて再現した、というこだわりを表したものです。
ちなみに史実では、ドイツ軍の想定に反して、どの国も磁力吸着地雷などという高度なものを実用化しなかったため、このコーティングは無用の長物となり、後期にはこの工程ははぶかれることになったのでした。どっとはらい。
Posted by ポール・ブリッツ at 2006年11月21日 16:39
>ピーターさん
 なるほど、お父上はスーツアクターだったんですね。するとお母様との馴れ初めは
「母が敵役のサザエの壷焼き怪人だった」(うる星やつら・龍之介の父)
でしょうか(マテ)

>ポールさん
 なるほどなーミリタリーも私は弱いから。勉強になりました。こういう軍事ウンチクってのは意外に面白いところがありますねえ。オチまで付いてたのか(^^;
Posted by てんちょ at 2006年11月23日 00:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

楓の ネギま!ニュース 「2006年11月19日」
Excerpt: ・ネギま! ニュース ●ネギま!? バレンタインセット 1月18日発売 [東麻帆良駅 業務日誌] 2月14日までの期間数量限定販売 テレカ、ペンダント、チョコケーキのセット。テレカにはシリアルナ..
Weblog: 楓の箱リロLive対戦日記
Tracked: 2006-11-19 16:49