2006年11月05日

ツバサ・クロニクル第52話「明日へのツバサ」

 えっ、社長。これで終わりなんですか?

 なんだかプツンと中断するような、ジャンプ打ち切りマンガのような(読んだことないけど)、なんとも中途半端な最終回。真下信者としては、ちょっと残念な結果になってしまいました。やはり真下ならではの三本同時スタートという一種の「祭り」状態ではありましたが、結果として3本ともどこか不満が残る結果に終わってしまったわけですから。

 「打ち切り」ったって、別に視聴率が悪かったわけではないし、DVDのリリースも好調だったはず。ことこの作品に関しては、やはり真下の興味が途中で途切れた、ってことなんでしょうね。CLAMP版の原作の陰湿な結末を見てうんざりしたってことなんでしょうが。

 しかしまあ、それは最初から予想できたことで。だってあのCLAMPですから。それならそれなりに真下らしい前向きで謎めいた(笑)結論で、原作を解毒してほしかったですよ。これなら、第1シーズンのラスト「空中神殿」のほうが、はるかに「最終回」らしい。真下らしい悪意もたっぷりと詰まっているし。

 なるほど、カオスの正体は確かに結構な驚きでした。なるほど、それならモコナが判断を誤った理由もわかるし、カオスがあれほどサクラに執着した理由も納得。中国古代神話の「盤古」を思わせるエピソードはなかなか壮大でした。今回も極力、カオスにしゃべらせない演出は正解だったと思います。でも、この役回りは、やはり江原正士にやらせるべきだったのでは?カオスを江原が演じたならば、それこそ「マシモ・クロニクル(笑)」としても納得の完結だったような気がするのですが。

 ラストに至ってもほとんどの謎が解かれないまま、というのは実に真下らしくはありますが、今回ばかりはちょっとなあ。だって、それらの謎は真下が仕掛けたオリジナルではなくて、CLAMP原作から引き継いでいるものだから。あんまり読み解く楽しみはない。

 それにしても、なんでこんな結末になってしまったのか。まあ、原作に沿って飛王たちの伏線はそのまま忠実に引き継いできたわけですから。いまさら「なかったこと」にはできないということでしょうか。ただ、あんな陰険な話を描くのだけはごめんだ、ってことですか。

 あいまいながら、第3シーズンの噂もありますし。これだけ手堅く売れているシリーズだから、NHKとしても続けたいでしょう。ただ、原作者は激怒しているし、真下も川崎ヒロユキ氏もいい加減うんざりしているみたいですから、これ以上続ける気はないでしょう。しかし、いまさら劇場版を手がけた「IG」に丸投げして第3シーズンを作るのも無理でしょう。トーンが違いすぎて同じシリーズには到底見えなくなってしまうはず。

 …すると、モリヲカ氏のソロデビュー?うーん、モリヲカ氏もあんまり気は進まないでしょうが、ここはひとつ受けてみるのもアリではないかと。どうせあと1シーズンで終わりですから、「やり逃げ」で好き勝手にやればいいんですよ。

 何にしても、こんなところで投げられたら、視聴者としては泣くに泣けません。

 とりあえず真下社長にお願いです。
 次こそは北山さんと組んで宿願の「MAD&LAX」を。
 今回の3本はいずれもビィートレとしてはもうかったはずなので、そろそろ真下オリジナルで「らしい」前衛作品が見たいです。

 それとあと、「スパイダーライダーズ」の後期は必ずやってください。キッズステーションでもかまいませんから。カナダのケーブル局からの外注ですから、日本での視聴率がいくら低かろうがまったく損害はないでしょうが、やはり中断は悲しいですから。
posted by てんちょ at 16:13| 🌁| Comment(2) | TrackBack(8) | ツバサ・クロニクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ツバサの次のアニメが最低でも2年間は放送すること、ツバサ原作が2年後には完結している可能性が高いと思われるので、NHKとビィートレインは2年後の放送を想定して第3シリーズの制作準備に当たってほしいと思います。

問題は原作が東京編以降血生臭い内容になっていて、一から作り直すくらいのことをしないと教育テレビでは放送できないことかと思われます。アニメの小狼をあまりにも格好よく描いたために、東京編での変貌ぶりをどうするのか頭が痛いところです。

それにNHKは不祥事で混乱していて、2年後も存続しているのかどうか不透明なことも不安です。

声優についてはオーディションで幅広く登用してほしいところです。81プロデュース所属声優に偏っていたり、星史郎や絵里衣など声があっていないキャラもいましたので。

最後に、ファイの出番をもう少し増やしてほしいものです。
Posted by riku_mio at 2006年11月19日 13:33
 うーん、本当に困ったもんですよねえ。
 まあ、別に必ずしも同じ枠でやんなくてもいいわけですが。
 どうみても「こんなバカな作品、やってられるか」と言わんばかりの投げ捨てた終わり方はよろしくなかったかと。
 モリヲカ氏にでもがんばってぜんぜん原作と関係ないアニメらしい前向きな完結篇を作ってほしいものですね
Posted by てんちょ at 2006年11月20日 01:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ツバサ・クロニクル 第2シリーズ(26)
Excerpt: [アニメ ツバサ・クロニクル 第2シリーズ 第26話「明日へのツバサ」<最終回>] 第1シリーズあわせて50数話。 とうとう終わってしまいました。 終盤からはアニメオリジナルストーリでガンガ..
Weblog: 王様の耳はロバの耳2.0
Tracked: 2006-11-05 19:53

ツバサ・クロニクル2期 #26
Excerpt: ついにカオスの正体が明らかになりました。彼はなんと、サクラの羽根の集合体だったのです!怪鳥ロプロス(by バビル二世^^;)と化したカオスは、町や城まで破壊して小狼たちに襲いかか...
Weblog: 日々の記録 on fc2
Tracked: 2006-11-06 06:50

ツバサ・クロニクル 年代記 第52話 2期第26話 最終回 明日へのツバサ
Excerpt: これは一応最終回なのか、本当の最終回なのか。 1期の終わり方に比べたら他の方のおしゃべりが過ぎるので、これはちょっと期待出来ないか。 お別れの挨拶をしてしまってはどうしようもないよ。 週マガの方..
Weblog: なななな駄文
Tracked: 2006-11-07 08:48

ツバサ・クロニクル(第2期)第26話「明日へのツバサ」(完)
Excerpt: 第26話 「明日へのツバサ」(完)  私と一緒に旅をしようよ――。  サクラと旅することを願ったカオス。なぜなら、彼の正体は――。アニメ版ツバサ、全52話ここに完結です(?) やっと原作が最終章に入っ..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2006-11-07 18:51

ツバサ・クロニクル第26話「明日へのツバサ」
Excerpt: アニメツバサ・クロニクル第2期最終回です。 発言者:<IMG SRC=\"/v2_writers/kasumidoki/image/tyotaro1.gif\">→宵里、
Weblog: kasumidokiの日記
Tracked: 2006-11-07 19:43

ツバサ・クロニクル 第2シリーズ 最終話
Excerpt: ついに来たラストで最終決戦。 目を開いたもう一人の小狼。そしてカオスの正体。
Weblog: LUNE BLOG
Tracked: 2006-11-07 22:08

ツバサクロニクル 最終回
Excerpt: △ツバサ・クロニクル 土曜18:25 NHK教育 第26話 「明日へのツバサ」    「…続かないんですねー」..
Weblog: あにたむ素兎亭・新館
Tracked: 2006-11-08 14:28

レビュー・評価:ツバサ・クロニクル/第2期・第26話 「明日へのツバサ<終>」
Excerpt: 品質評価 20 / 萌え評価 6 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 44 / シリアス評価 34 / お色気評価 0 / 総合評価 18<br>レビュー数 29 件 <br> <br> 「明日へのツバサ<終>」2006年11..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-09-12 17:55