2006年10月07日

ツバサ・クロニクル第48話「羽王カオス」

 とうとう真下祭3本立ても残り1本になってしまいました。昨年春の「ツバサ・クロニクル」で始まった大攻勢は「ツバサ・クロニクル」で終わるんですね。なんか感慨深いです。

 斬新な子供向け「スパイダーライダーズ」、難解なメディアミックスの露払い(笑)「.hack//Roots」、そして超人気マンガの悪意あるアニメ化「ツバサ・クロニクル」。バラエティに富んでいるにもかかわらず、それぞれでしっかり真下らしいカラーを出しているのがこの演出家のすごいところです。何だかんだ言われつつも、「ツパサ・クロニクル」と「.hack//Roots
」はもうかったでしょうねえ。「スパイダーライダーズ」は途中打ち切りになってしまいましたが、カナダのケーブル局の依頼ですから、持ち出しはないはず。この純益でまた超難解な自社企画を立ち上げていただきたいもんです。

 ともかく泣いても笑ってもあと5回。それじゃ、まいりましょうか。

 てなわけで、原作とぜんぜん違う形で終わりそうな「ツバサ・クロニクル」。原作はまだ終わってないんですよね。私は未読。ただ、旅の仲間が一人一人ひどい目にあって倒れていくという結末だそうで、うーんあんまり読む意欲はわかないなあ。どうしてこの人たちはそういう陰湿な結末をいかにもうれしそうに掲げることができるのか。

 ハッピーエンドこそすべて、とかハリウッドみたいな安っぽいことは言いません。そういうことが言いたいんじゃない。最後の最後になって突然おもちゃに飽きた子供のように物語を破壊することは、「予想外の結末」とは無関係だ、ということ。ハッピーエンドにせよデッドエンドにせよ、物語にはふさわしい結末というものがあります。その約束事は守ってほしい。

 おそらく真下のことですから、そのあたりは守ってくれるんじゃないかと思います。そのことが、CLAMPに対する強烈な一撃ともなるしね。今回、以前のオリジナルストーリー「闘技場」のキャラクター2人を別の役割で登場させたのは、象徴的な演出といえましょう。(第1シーズン第16話「強さと優しさ」)

 あのときの彼らは小狼君と、それぞれ切実な動機を持って羽根を奪い合いました。結局、彼らの求めていたものが羽根そのものではなかったので事なきを得たのですが、もし羽根を奪い合うことになったとしても、小狼君は迷うことなどなく闘ったでしょう。相手がどんなに善良で親しい友だったとしても。そういうことを暗示したエピソードでした。

 もしそういうエピソードがあったとしたら、それは悲劇的結末になったとしてもみんな納得できますよね。ところがCLAMPはそのことを思いつきもしなかったらしい。それで最後になって唐突に思いついたようにみんなを奈落に突き落としたって、だからなんだ、という気にしかならないだろうに。真下はかなり早い段階からそういうことを指摘していたわけで。こういう着地点を迎えるのは明白だったかもですね。今回の舞台となる国が名前すら判明しないのは象徴的だなあ。

 羽王カオスってのは、小狼君たちに協力しつつも最終的に利害対立する、という点で「闘技場」で投げかけられた疑問の回答となっていきそうですね。こういうのが「伏線」っていうんだってば。CLAMPはそれがわかんないかな。

 他にもいきなり5枚も羽根が帰ってきたり、いろいろと掟破りなことをやってくれたのには拍手喝采。ま、カオスの中の人の声はビミョーなんですが、次回以降も楽しみになってきました。それにしても、これと飛王たちをどうつなぐんでしょうねえ。
posted by てんちょ at 23:59| 🌁| Comment(2) | TrackBack(10) | ツバサ・クロニクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもお世話になっております。
毎回TBしていただいているので、今回はこちらからTBさせていただきました!

カオスがサクラと関係ありそうなことからしても、今後小狼とは対立していくのかと思いますが・・・飛王は疑問ですよね。
冒頭で意味深に出てきたので、後々関わってくるとは思うのですが。
Posted by 歌書 at 2006年10月08日 18:19
>歌書さん
 どもども、遅くなりまして。
 いつもコメントありがとうございます。
 まあ、カオスがほしいのは羽根ではなくサクラなんだろうなあと推測はできますが。
 「強さと優しさ」のエピソードで提示されたテーマがどう生きてくるか、注目したいものですね。
Posted by てんちょ at 2006年10月11日 20:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25059051

この記事へのトラックバック

ツバサ・クロニクル2期 #22
Excerpt: 久しぶりに放送当日に視聴することができました。(^^;今回のサブタイトル、一瞬「羽王"カラス"」かと思いました。(笑) カラスじゃなくてカオスでした。(^^;次元転移した小狼たちは、...
Weblog: 日々の記録 on fc2
Tracked: 2006-10-08 05:11

ツバサ・クロニクル 『羽王カオス』
Excerpt: 本日のアニツバの感想です。 ついにラストシリーズ・・・という表現が正しいのか・・・・・・第2シリーズ最後の国へとやってまいりました。 ネタバレしてます。 よろしければ続きからどうぞ。
Weblog: 歌い講
Tracked: 2006-10-08 18:17

クライマックス編突入/『ツバサ・クロニクル』第2シリーズ/第22話「羽王カオス」/感想
Excerpt:  「人はそれを因果と呼んでいるわ。いつの日か、あなた達が耐え難き苦しみに直面した時、思い出すといいわ」(侑子さん)  「耐え難き苦しみ」は原作通りなら東京編を指すような気がしますが、敢えてこ..
Weblog: ランゲージダイアリー
Tracked: 2006-10-10 17:55

ツバサ・クロニクル2期 #22
Excerpt: 久しぶりに放送当日に視聴することができました。(^^;今回のサブタイトル、一瞬「羽王"カラス"」かと思いました。(笑) カラスじゃなくてカオスでした。(^^;次元転移した小狼たちは、...
Weblog: 日々の記録 on fc2
Tracked: 2006-10-10 18:33

ツバサ・クロニクル 第22話 「羽王カオス」
Excerpt: そろそろ終わるかもしれんな…
Weblog: ブログ 壁
Tracked: 2006-10-10 18:44

ツバサ・クロニクル 年代記 第48話 2期第22話 羽王カオス
Excerpt: 侑子さん。長くないし、ちょっと可愛いし。 サクラの思い出した記憶は偽物、なのかな? あそこはどう考えても小狼のポジションな訳だし。 今回の人たちの出てくる作品、知らない。
Weblog: なななな駄文
Tracked: 2006-10-10 19:04

羽王カオス謎多し
Excerpt: ツバサ・クロニクル 第2シリーズ 第22話 「羽王カオス」 羽王カオスはサクラとどんな関係なんだ〜 そして次回黒様とファイのカッコイイ戦闘が 見られるかもワクワクです
Weblog: 森羅万象
Tracked: 2006-10-10 21:49

ツバサ・クロニクル? 第22話 「羽王カオス」
Excerpt: ラグタイムワールドを後にした小狼たち一行が転送された先は・・・どこかの国の空の上。 そのまま落ちてあわや、という瞬間、何かの力で一行はふわりと浮いた。 その国の名は「タオ」。 国全体を「僊力(セ..
Weblog: 朧月夜
Tracked: 2006-10-10 22:20

ツバサ・クロニクル第22話「羽王カオス」
Excerpt: モコナがサクラたちを異世界に飛ばした先は……お空の上。 発言者:<IMG SRC=\"/v2_writers/kasumidoki/image/tyotaro1.gif\">→宵里、
Weblog: kasumidokiの日記
Tracked: 2006-10-13 16:15

ツバサ・クロニクル(第2期)第22話「羽王カオス」
Excerpt: 第22話 「羽王カオス」  行いに応じて結果が生じる・・・ それを因と呼ぶ――  新番組ラッシュで感想遅くなりました^^;アニメ版ツバサは、オリジナル展開のまま最終章に突入でしょうか?舞台が中華風なの..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2006-10-14 17:06