2011年08月27日

へうげもの第19話「ウーマン・フロム・ナゴヤ」

 3週間ぶりのへうげものですよーいやー長かった。おかげで更新が随分間遠に…やはり週に一度のこれがないと本当にやる気が出ないなあ。

へうげもの 八服 (講談社文庫) [文庫] / 山田 芳裕 (著); 講談社 (刊)

へうげもの 八服 (講談社文庫) [文庫] / 山田 芳裕 (著); 講談社 (刊)

 文庫版原作、重宝してたんだけど、これで打ち止めかあー後は単行本で読むしかないのか。ううむ。

 さてそんな3週間ぶりの「へうげもの」、今回初登場は長谷川等伯ですか。篠原大作、今までこれといった役のない人ですけど、実は「エル・カサド」や「ツバサクロニクル」でも出演していたのね。この先が楽しみです。

 そして今回徳川四天王と迫力ある対決を見せる石川数正、今回気付いたんですけどこの人、「MADLAX」のスリースピード役じゃないか!ある意味あのとんでもない作品の中で一番とんでもなかった人。こういうのがあるからキャストチェックは欠かせない。それにしても社長が見出した声優さんというのは、本当に「これは」という演技をしてくれますよね、今回は。それがうれしくて仕方がない。

 まあ大倉氏もボツボツ見られる演技になってきていて、だからこそそれなりにラストの利休と織部の対論も見ごたえのあるものになっているんだけど。今回中盤の真下演出の目玉は「大林組CG」(もう勝手に命名・笑)ここまでやるとさすが黄金の茶室も映える。だんだん動きがワルノリになってきてますけどね(笑)いや、そこがいい。それにしても、さすが色の巨匠、黄金の茶室シーンの迫力は絶品でしたね。ここはいくら原作ががんばってもかなわないよなあ。

 しかし今回最大の見所は、江原秀吉の能楽シーン。これはもう恐るべき緊張感に溜息が出ましたよ。なんというクオリティ。「猿真似で結構!」と開き直り、朝鮮出兵を決意する秀吉。対する関さんの光成もいい味です。まさしくお互いに真下組長いベテラン同士だからできる阿吽の呼吸ですね。この当意即妙の張り詰めた空気が能楽のリズムとぴたりと合い、スッと伸びる日輪の扇子に拍手喝采。ここで信長の「血分け」の聖体拝領シーンを見せられて「ああ、あそこで原作よりもキリスト教寄りに演出した狙いが生きてくるんだなあ」としみじみ。

 やはりこれがないと始まりませんね、ええ。
posted by てんちょ at 03:17| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | へうげもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ムキ栗」欲しいなあ。

外側を見ているときは欲しくはなかったけれど、内側を見ると急に欲しくなった。

茶道具は魔物だなあ。まあ千金を積んでも買えないし茶の湯をやる気もないから別にいいけど。
Posted by ポール・ブリッツ at 2011年08月27日 07:28
そういうのってありますよね。私も黒楽茶碗が結構好きで。瀬戸物市に行くとついついそういうの買ってしまいますよね。カボチャとか入れると映えるんだこれが。家族がごちゃまぜに積み上げて仕舞うので、こないだ取り出そうとして一個割ってしまった(T▽T
いや、そんな大した額の茶碗じゃないけど、なんとなく雰囲気だけでもと。
Posted by てんちょ at 2011年08月28日 01:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

へうげもの 第19話 『ウーマン・フロム・ナゴヤ』
Excerpt: 利休の限定品商法。二週連続休みはキツかった・・・。今回は千宗易改め利休の商売の上手さと信念が垣間見えましたね。 ・利休が心血を注いで創り上げた四角い黒茶碗。・大大名に献上し、珠玉の逸品であると印象づ..
Weblog: こいさんの放送中アニメの感想
Tracked: 2011-08-29 16:40