2006年07月30日

「時をかける少女」

 新米小僧さん以下、みんな絶賛の超話題作。私も見てきました。

 まあ、みんなが言ってるようなことは私が言っても仕方ないのでとりあえず置いておいて(笑)

 やっぱり私が書くからには、量子論のこと書かないといけないのかな(笑)うんまあ確かに、見ている間はずっと、量子論との整合性を考え続けていましたけどね。
 量子論、量子論とお経のように唱えてるけどお前ら本当に分かってんのかと言いたくなるようないんちきくさいロボットアニメも現在オンエア中ですが、真剣に論議する価値があるのはむしろこちらでしょう。本編中、一度も量子論の話は出ませんでしたけど。制作陣が意識しないわけがない。そのあたりはかなり考えたくなるように作ってあるなあと思いました。

 そもそもこの作品の世界は多世界解釈なのか、コペンハーゲン解釈なのか。どうもコペンハーゲン解釈であるようですね。観測者が見た瞬間に見なかった可能性がすべて消えてしまう。つまりこの映画の場合、真琴が過去に戻った瞬間すべてリセットされてしまい、なかったことになるわけですよ。それぞれが別個の世界として続いていく(多世界解釈)わけではないのですね。ただし、真琴は無数の可能性から任意の一個を選び取れるのではなく、「ランダムな観測」という大原則は変わらない。自分が未来から持ち帰った知識によって、ある程度は方向性を定められるけれど、結局はランダム選択とほとんど変わらない。

 ∞−100000=∞

 ってところかな。だから、何度繰り返しても大して事態が好転しない、ということになるわけで。真琴を中途半端にアクティブなキャラに仕立てて、ドタバタ活劇っぽく仕上げた作戦は確かに正解。このほうが、何か筒井さんっぽいよ(^^;

 さらに言うと、実際の我々の世界は個々人の「観測」の絡み合いの結果として、ごくあいまいな実体として立ち現れているわけでして。ここに「時間旅行者」という特殊要素が持ちこまれると、実は各個人の観測世界の差異が際立っていく気がする。つまり、真琴が使ったように誰もが頻繁にタイムリープすると、矛盾が限界値を超え、世界は成り立たなくなってしまう。だから、本当はタイムリープはそう気安く使っていいもんじゃない。たぶん、使用が厳しく制限されてるんでしょう。そのあたりは、最後の方でチラッと暗示されてましたね。真琴一人がバンバン使っても問題はないわけだけど。あともう一人がいるだけで、話はぜんぜん変わってきてしまう。

 …さて、そうすると最後のシーンで、真琴のタイムリープのカウンターはいくつになっていたのでしょうか。「主観」という地点から言うと「00」が当然のように思えるのですが、タイムリープのカプセルの中身は空でした。そもそもの根本原因の地点に戻ってしまったわけだから…案外「50」というのもアリなのかも。もしそうだとしたら「未来で待ってる」という言葉の意味は、ぜんぜん違ってきてしまうということになりますね。

 そういうこともあれこれ推理する楽しみがありました。まあ、とにかく見ていて楽しかったですよ。

 確かにこれを若いころに見ることのできた人は幸せです。たぶん、生涯のベストになる人も多いのでしょうね。そうした体験はぜひ大事にしてほしいと思います。…って、半歩引いてるあたり、私もオッサンってことでしょうか(^^;

 しかし、本当に構成がうまいですよね。紺野真琴=2代目・時をかける少女、ですか。しかも芳山和子が、あんな凛々しいオバさんになっているなんて!思わずうっとり、ですよ。自分に結構オバさん好きの属性があったことを発見。そういや、「ツィゴイネルワイゼン」の大楠道代が大好きだったんだけどね。んで、今回の上映にあわせての新装版文庫本「時をかける少女」が、若いころの芳山和子になってる…という構成は絶妙。思わずほしくなってしまったではないですか。少なくとも原田知世のカバーよりはずっといいよなあ。

 ただ、ひとつだけ疑問だったのは、やっぱり声優さんに演じてほしいということでした。確かに演出が適切なこともあって、若く溌剌たる声を感じ取ることができましたし、これはこれでいいもんだなとは思いますが、やはり声優の声質の深みにはかなわない。声優は日本アニメの貴重な文化です。一時の話題とかだけで絶やしてほしくありません。

8月6日追記
 よくわからん、との声をいただきましたので、もうすこしかみくだいて説明してみました。こちらをどうぞ。

 http://tenchyo.seesaa.net/article/21983805.html
posted by てんちょ at 15:14| 🌁| Comment(2) | TrackBack(28) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBどうもでした〜♪
>真琴のタイムリープのカウンターはいくつになっていたのでしょうか
僕は0だと思ったんですけどね・・・それまでの真琴のタイムリープって、一応過去に戻るパターンばかりだったじゃないですか?それなのにカウンター進んでる訳だし・・・

僕もちゃんとした声優さんに吹替えて貰いたいと思った・・・下手ですよねぇ・・・
Posted by はっち at 2006年08月04日 07:58
はっちさんはじめまして。
どうも遅くなりすいません。
あ、なるほど。確かにカウンターは戻ってませんよね。それはまあ、真琴の肉体(意識でなく)がリープしているからなのですが…確かにそれは説得力がある。
 戻った過去に本来の自分自身がいないということは、出発点から戻った時点までの出来事をすべて「なかったこと」にしてしまう仕組みだということになりますよね。
 しかし、カプセルをインストールした選択もチャラになるわけだから…いや違うか。カプセル空だったんだし(^^;
Posted by てんちょ at 2006年08月06日 21:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

秀作リメイク映画。『時をかける少女』
Excerpt: これまでにも何度か映画化・ドラマ化された筒井康隆原作小説を現代版アニメ映画としてリメイクした作品です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2006-07-30 16:43

時をかける少女<試写会>
Excerpt: 試写会に行ってきました。 <中野 ZOROホール> 待ってられない 未来がある。 制作会社:マッドハウス 監督:細田守 原作:筒井康隆 脚本:奥寺佐渡子 キャラクターデザイン:貞本義行 美術監督:..
Weblog: お萌えば遠くに来たもんだ!
Tracked: 2006-07-30 16:47

2006年の夏映画のベスト!『時をかける少女』
Excerpt:  いや??、スゴい! 私が観た回に関して言えば、上映時間を10分も遅らせるほどの客入りで、映画館は入場客でごった返し、この作品の評判&人気の高さを伺わせました。  舞台挨拶か何かがあるのかと思ったら..
Weblog: 海から始まる!?
Tracked: 2006-07-30 18:38

時をかける少女
Excerpt: 細田守さんが監督されると聞いて気になっていたのですが、ようやく観に行くことができました。単なるリメイクではなく、現代版「時をかける少女」になっているのには驚きました。(以...
Weblog: 日々の記録 on fc2
Tracked: 2006-07-30 19:30

時をかける少女
Excerpt: 彼女は時の道を戻っていった。 繰り返し戻っていった。 自分自身のために友達のために、 そして彼のために。
Weblog: LUNE BLOG
Tracked: 2006-07-30 21:03

時をかける少女 2006-41
Excerpt: 時をかける少女」を観てきました〜♪ 高校2年生の真琴(声:仲里依紗)は、これといった特徴のない女子高生だった、目下の楽しみは男友達の千昭(声:石田卓也)と功介(声:板倉光隆)と野球をすること・・..
Weblog: 観たよ〜ん〜
Tracked: 2006-08-01 07:06

「時をかける少女」を見て
Excerpt: 昨日「時をかける少女」を見てきました。 映画を見た感想というか、面白さを先に言うと点数を0〜5で表すなら「3.7点」を上げます。 ちょっと哲学的なアニメだったので小さいお子さんには難しいかもし..
Weblog: アニメっと!
Tracked: 2006-08-01 20:48

時をかける少女
Excerpt: あなたわたしのもとから~突然消えたりしないでね~ぇ~♪ 結構うさぎの十八番だったりする。。。 どうしても「時をかける少女」って言ったらこれを歌いたくなりますね。 少女マンガを初めて映画で見た。..
Weblog: ちわわぱらだいす
Tracked: 2006-08-01 21:28

【劇場映画】 時をかける少女
Excerpt: ≪ストーリー≫ 高校2年生の紺野真琴は、踏切事故をきっかけに、時間を跳躍する能力を得る。叔母の芳山和子に相談すると、それは「タイムリープ」といい、年頃の女の子にはよくあることだという。過去に飛べる能..
Weblog: ナマケモノの穴
Tracked: 2006-08-04 22:24

★時をかける少女(アニメーション)@テアトル新宿:8/4(金)
Excerpt: よかった!甘酸っぱくて、可愛くて、フレッシュで切なくて。真夏に飲む爽やかな炭酸飲
Weblog: 映画とアートで☆ひとやすみひと休み
Tracked: 2006-08-05 17:15

時をかける少女(アニメ版)  爽快!!躍動!! 原作者の折り紙つき2代目誕生!!
Excerpt: タイトル:時をかける少女/邦画アニメ ジャンル:青春/2006年/100分 映画館:テアトル梅田1(96席) 鑑賞日時:2005年7月30日(日),14:35〜 満員+立見15人 私の満足度:75% ..
Weblog: もっきぃの映画館でみよう
Tracked: 2006-08-06 17:42

時かけ最高。オタクだけなどもったいなさすぎ
Excerpt: か、和子ぉぉぉぉぉぉ! 失礼。 先に感想を述べると、細田さんが我々オタクを裏切るはずはなかったのだ!と。 最高でした。 こんないい映画をちゃんとしたスクリーンで見れたのは幸せです。..
Weblog: マコトナソナタ
Tracked: 2006-08-06 21:34

細田守監督「時をかける少女」
Excerpt: こんばんは。  いつもなら「BLOOD+」の感想を書く時間ですが、今日は公開初日の細田守監督映画「時をかける少女」を観た後の余韻を「BLOOD+」で消したくないな。と思うんだ。  この映画の詳..
Weblog: 眠い犬
Tracked: 2006-08-07 00:34

”時かけ”から”トキカケ”へ「時をかける少女」
Excerpt: 今年の夏のアニメで 一番評価の高い 「時をかける少女」を 観てきました。 大阪での公開も3週目になるのに 場内が満席状態でびっくりしました。 原作はご存知「筒井康隆」 もう40年前の原作になるんで..
Weblog: bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ
Tracked: 2006-08-10 10:07

時をかける少女
Excerpt: 紺野真琴は、青春真っ只中の高校2年生。ふとしたことから、過去に飛べる能力を手に入れます。起こってしまったことをリセットしてやり直すことができる。世界を思うようにできるはずだったのですが...。仲の良い..
Weblog: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
Tracked: 2006-08-12 23:44

時をかける少女 劇場版アニメ
Excerpt: 道をかけ 時をもかける ランナー少女   原作もテレビも映画も知っている私。筒井康隆は相当読んだほうだし、テレビは「タイムトラベラー」という題名でNHKでやっていた、あの浅野真弓が島田淳子と..
Weblog: 空想俳人日記
Tracked: 2006-08-13 07:52

時をかける少女 アニメ2006年
Excerpt: http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/シネプレックス幸手で鑑賞結論から書けばすばらしいの一言!主人公が時間を戻ることで出来事が変わっていく様子がおもしろく最後にはちゃん..
Weblog: 勝弘ブログ
Tracked: 2006-08-16 01:37

アニメ映画「時をかける少女」あなたも青春時代にタイムリープしてしまう。
Excerpt: 行って来ましたよ、この夏評価ナンバーワンの話題作、時をかける少女この映画のように都会の青空の下ですよ、テアトル梅田という小さな映画館(まだまだ満席)での限定上映に、朝眠気まなこで観てきました(笑)
Weblog: 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ 
Tracked: 2006-08-22 16:08

時かけ見てきたよ!感想です。
Excerpt: 「時をかける少女」を見てきました! いっやー これは名作といわれるわけです。 普...
Weblog: 転んじゃだめです。
Tracked: 2006-08-29 03:17

【劇場鑑賞93】時をかける少女
Excerpt: 17才、戻ることのできない夏。 待ってられない未来がある。
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2006-09-07 21:17

「時をかける少女」
Excerpt: 何だかやたら評判が良いのでだんだん気になってきてしまい、観に行きました。恋にオクテな普通の高校生の恋愛モノといった要素と、タイムリープ(時間跳躍)能力というSFっぽい要素が盛り込まれており、最後までな..
Weblog: Tokyo Sea Side
Tracked: 2006-09-28 22:05

やっと「時をかける少女」見てきました
Excerpt:  最近昔の映画やドラマのリメイクや新シリーズが多いですよね。スケバン刑事、セーラー服と機関銃など。そう言えば時をかける少女も曲はよく聴くけど、ストーリー知らないと思い、見に行く事にしました。と言うわけ..
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2006-10-22 01:44

時をかける少女(2006/日本/細田守)
Excerpt: 【恵比寿ガーデンシネマ】 明るく元気な高校2年生、紺野真琴(声:仲里依紗)は、優等生の功介(声:板倉光隆)とちょっと不良な千昭(声:石田卓也)と3人でいつもつるんで野球ばかりして楽しい毎日を送っ..
Weblog: CINEMANIAX!
Tracked: 2007-01-04 20:52

時をかける少女(細田守監督)
Excerpt: 「日本以外全部沈没 」のレビューでも書きましたが 私は筒井康隆氏の作品のファンです。 でも実は大林宣彦監督の「時をかける少女」はあまり好きではありません。 このアニメ版「時をかける少女」は評..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2007-05-13 16:24

時をかける少女−(映画:2007年57本目)−
Excerpt: 監督:細田守 声の出演:仲里依紗、石田卓也、板倉光隆、垣内彩未、谷村美月、原沙知絵 評価:83点 公式サイト あれはあれでよかったけど、これはこれでいいなあ。 エンディングは..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2007-05-17 22:54

時をかける少女
Excerpt: 軽やかにジャンプしたくなる青春映画。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2007-07-24 10:48

アニメ:時をかける少女(★★★★★)
Excerpt: 「時をかける少女」06年(★★★★★) 昔、アイドルの映画で、こんなのがあったような? と思ったら、1983年、原田知世のでしたね。 ふとしたことから、 時を越える能力、タイムリー..
Weblog: 新・ぴゅあの部屋
Tracked: 2007-07-30 22:22

時をかける少女(アニメ映画版)
Excerpt: 先日TV放送された、時をかける少女(アニメ映画版)を見ました。原作小説、実写映画版は未見ですが、今回放送された、アニメ映画版は時代設定から、キャスティングに至るまで大幅リメイクが施されているということ..
Weblog: 色即是空
Tracked: 2007-08-01 07:56