2006年07月29日

ツバサ・クロニクル第40話「黒き鋼」

 ひさびさに原作付きバージョン。…しかし、原作付きとなると、とたんにガクンと質が落ちるというか、面白さが半分ぐらいになってしまうんですね。

 何か説教臭いし、どこか電波漂ってるし。

 なんかCLAMPて、読んでてすごい後味悪いというか、イヤな気分になってしまうわけで。そのイヤさ加減はやはりアニメにもにじみ出てきます。第1シーズンだと、まだそこをねちっこく攻め立てて、欠点をあぶり出し、皮肉っぽく添削する毒を楽しむ余地があったわけですが。今期は、真下もマジで、もうCLAMP原作に興味ないって感じですね。ならそもそもCLAMP原作エピソードを全廃してしまえばいいのに。そうもいかないのかな。というか、一回「意地でも原作通りにやる」と決めた以上はちゃんと最後までやる、という、職人としての意地でしょうか。真下は職人は職人でも前衛職人ですけどね(^^;

 それでもビィートレ名物透過光を駆使して、美しく風格のある画面にしてしまうのは真下監督のさすがの職人技というところでしょうか。いや、これはまさしく、「あったかもしれない70年代大映時代劇」。実際の大映時代劇はカラー技術が稚拙で、ベタベタした原色的な色彩。こんな美しい画面は一度も実現できたことがないんですけどね。さすが映画ファンの真下、というところでしょうか。

 それに梶浦嬢の音楽。「七人の侍」のメインテーマを彷彿とさせる、トランペット演奏がすばらしい。アリプロの「.hack//Roots」の大評判に喰われて、第2シーズンでは影が薄かった梶浦嬢でした。私も第3弾サントラは買いませんでしたよ。でも今回はまったくやってくれました。お見事!というほかありません。

 そして、今回は、実は図書館の国で小狼君が読んだ本の中の話…とラストシーンにそこまでのすべてを押し込めてしまうマジカルな構成も真下的。なんかボルヘスっぽくて、いかにも「図書館」してて良し。

 …って、本日はあんまり語る気はなかったんですけど、結構語ってるなあ(^^;
posted by てんちょ at 23:36| 🌁| Comment(0) | TrackBack(7) | ツバサ・クロニクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21624086

この記事へのトラックバック

ツバサ・クロニクル 第2シリーズ 第14話
Excerpt: 黒鋼。
Weblog: LUNE BLOG
Tracked: 2006-07-30 21:08

第14話(第40話)「黒き鋼」〜黒鋼の哀しい過去〜
Excerpt: ※アニメ「ツバサ・クロニクル」の感想を黒鋼(くろがね)中心に書いてます。ネタばれ&私情ありますので、ご注意ください。 今回は黒鋼の過去が明らかになった、 黒鋼ファン必見の1話。 黒鋼の幸..
Weblog: 黒鋼を見守っていくBlog
Tracked: 2006-08-01 21:59

ツバサ・クロニクル 年代記 第40話 2期第14話 黒き鋼
Excerpt: 黒鋼がなんでこんな性格になってしまったのかということが記された「黒鋼解体新書」の話。 本の名前はともかくとして、そんな話。両親との別れ、知世との出会いまでですね。 このときの鋼丸からは今の姿からは..
Weblog: なななな駄文
Tracked: 2006-08-03 20:56

ツバサクロニクル#40「黒き鋼」
Excerpt: 結局、小狼のがんばりはみんなの心を惹くんだね先週は!とにかく感想行っちゃう? ツバサ・クロニクル公式 ツバサ関連品
Weblog: TERRY オブ レジェンディア
Tracked: 2006-08-03 22:26

『ツバサ・クロニクル』2#14A.
Excerpt: <font size="+2"><b>第14話</b> 「黒き<font color="#FF0000">鋼&l..
Weblog: オコタマイマイ週記
Tracked: 2006-08-04 10:18

ツバサ・クロニクル-II ♯14
Excerpt: ツバサクロニクル-II ♯14『黒き鋼』小狼が手にした一冊の本。その本には、少年
Weblog: うっかりはんぞう
Tracked: 2006-08-04 11:13

ツバサ・クロニクル第14話「黒き鋼」
Excerpt: 小狼が手にした本には……黒りん大小そろっています? 舞台はニホン国の諏倭領。 発言者:<IMG SRC=\"/v2_writers/kasumidoki/image/tyotaro1.gif\">→宵里、
Weblog: kasumidokiの日記
Tracked: 2006-08-27 12:34