2011年07月04日

へうげもの第13話「スキヤキ」

 というわけで全体の三分の一が終わりました。もう山崎の合戦で、次回は光秀死ぬのかー早いなあ。やっぱり最後まで行くのか。

へうげもの(7) (モーニングKC) [コミック] / 山田 芳裕 (著); 講談社 (刊)

へうげもの(7) (モーニングKC) [コミック] / 山田 芳裕 (著); 講談社 (刊)

 ただ、今回ちょっと意外だったのが、今回まるまる使って山崎の合戦を描いていること。こういうのはちょっと社長では珍しい。そして、結構関心したのだけど、このぐちゃぐちゃの合戦の中にあって、それぞれの人物が思惑を持ってどう動いているかがすごくすっきりと分かる仕組みになっている。これは驚いた。大河ドラマでもこれができてなくてただワーワー攻め合っているだけというのが大半な中にあって、さすが名匠の演出力。

 原作でも、ここは左介が武人として生きるのをあきらめる重要なシーンなんだけど、はっきり言ってそれほどうまく表現できているとはいえない。押し倒した敵を切れずに顔が凹むほど殴ってごまかす、という感じで。

 そこをじっくりと葛藤とともに描いて、秀吉の謀略を知ったことによる動揺も実に鮮やかに描き出している。そこは原作同様のこけおどし演出を封印しただけのことはある百戦錬磨の手わざ。お見事いうほかありません。禁欲的な演出だからこそ、心理描写が生きてくるわけですからね。なんせ「ファントム」では、カーテンを引くだけで肉体関係を悟らせてしまうほど微妙な演出技を駆使する人です。ここでじっくり尺を取った戦略には「なるほど」というほかない。まあ、ここまでやるから、秀吉との今後の腹の探りあいも生きてくるんだろうなあ。

 そして意外なことに、武人をあきらめることによって、順調に出世の道が開けていくのが左介の人生の皮肉にして面白いところ。あ、でも今回の兜一杯の抹茶一気飲みとかは、原作にある程度敬意を払った演出でしたけどね。あまりボロが出ないように長く見せなかったのも、社長らしいといえば社長らしい。
posted by てんちょ at 02:17| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | へうげもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/213122580

この記事へのトラックバック

へうげもの 第13話 『スキヤキ』
Excerpt: 謀ったな、秀吉!・・・という訳でもなかった。書状のやり取りこそしていたものの、ハッキリと手を組んだ訳じゃなかったんですね。手を貸すならそれもよし、攻撃してくるなら打ち破るのみ。光秀にとって秀吉はそう..
Weblog: こいさんの放送中アニメの感想
Tracked: 2011-07-04 20:55