2011年07月03日

「まりあ†ほりっく あらいぶ」総括

 構図・カット割り、キャラクターデザイン、脚本やコンセプトなどなど、基本的構造は前回とほぼ同じ。だからこそ新房監督のチェックする部分が少なくてもなんとかやっていけるわけですが。まあ、現在は新房演出も若干の変化が見られるので、この後はこういう「金太郎飴演出」は少なくなっていくでしょう。残るとしたら「ひだまり」だけかな。まあ、あれはあれで世界を構築しているので。いつまででも続けられるわけだけど。

TVアニメ まりあ†ほりっく あらいぶ オープニングテーマ「るんるんりる らんらんらら」&エン...

TVアニメ まりあ†ほりっく あらいぶ オープニングテーマ「るんるんりる らんらんらら」&エンディングテーマ「どうにもとまらない」(初回限定盤) [Single, Limited Edition, Maxi] / 小林ゆう, 天の妃少女合唱団, 真田アサミ, 井上麻里奈 (CD - 2011)

 「まりあ」が「ひだまり」のようにこの先も延々と続けられるかというとそれはいささか不明。たぶん無理でしょうね。まあ、キャラはみんな立っているのでもったいなくはあるんですが。

 今回新たな要素として付け加えられたのは「薀蓄」。押井守じゃないんだから(笑)でもまあ、それなりに新しいカラーは打ち出せたかな。特にゴッドのキャラが大きく広がったという意味では大変良かったと思います。視点キャラをかなこ以外にも移してみることで、意外な展開を見せることもできたし。まあ、特に斬新ではないけど、見ていて楽しいし退屈しない。一週間を埋め尽くす山ほどのアニメの中では、時にそういう作品もあっていい。

 みんな個性を主張したがるからなあ。意外と「30分の暇つぶし」の役目をきっちりと果たしてくれる作品は少ない。そういう意味では、結構買ってます。この作品。新房氏がそんな立ち位置に来るなんて。ちょっと意外。
posted by てんちょ at 02:53| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック