2011年05月26日

ファイアボール チャ−ミング第8話「ガントレット」

 毎回微妙にこちらの予想を裏切ってくれる本シリーズですが。今回はとうとう会話ではなくアクションで笑わせる掟破りに。人によっては「それは違う」と言うかもなあ。しかし、やはりここまでみっちり2分間に集中投下して描きこまれたら、実に見栄えのする画面になっているのも確か。いや、お見事です。

 ちなみに今回のタイトルは、たぶんイーストウッドの映画から。



 そもそもの元の意味は「軍隊内での刑罰、あるいはアメリカの西部開拓時代における私刑の一つ。道の両側に棒や鞭を持った人々が立ち、その間を罪人に通らせて順番に殴っていく。力尽きず通り抜けられた者は罪を許される。gantletとも表記」なんだって。いや怖い怖い。

 でもまあ、ゲデヒトニスとツークツヴァンクたちの取った行動はまさしくガントレットといっていいもので…なるほど。それにしても今回も、ドロッセルが見つけたバイクの名が「ヨーゼフ」って、公式サイトにはかかれてるんですけど…それはどこから引っ張ってきた名だ(^^;

 そしてゲデヒトニスの取った解決法の豪快さはまさしくフリューゲル家の執事にふさわしいもの。お見事!いやさすがだよ。
posted by てんちょ at 03:52| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ファイアボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック