2011年05月06日

ファイアボール第5話「チャンピオンたちの食卓」

 SFセミナーから戻りましたよー飲み続けて夜が明けて、そのまま帰阪して仕事に出たので燃え尽きて死んでました。いやー合宿って楽しいわー有名作家と畳囲んで酒飲む楽しさって、SF大会よりもさらに距離感近いですから。

 それはそうと帰ってから見た第5話。うぉぉぉ面白い!!たぶん今のところシリーズベストですね。もちろんタイトルはあのカート・ウォネガットの怪作SFより。とことんSFファンのツボを刺激してくれますわ。

 なにより第一話で登場した「人類」が再び登場。いや、そういうことでしたか!ただ、この話はこの先も引っ張りそうなので要注目。

 「人類との距離」を物理的に表現するテーブルマナートレーニングキットって(^^;その壮大な無駄っぷりがまさしく「銀河ヒッチハイクガイド」ですよ!!

 物理的なアクションの面白さも格別で、ゲデヒトニスの模範解答もドロッセルお嬢様の間違い解答も絶品の大ボケぶり。本当に、なんと練りこまれた脚本であることでしょうか。たった2分のためにここまで作りこむスタッフの心意気に感謝。まさしく世界で一番濃密な二分間ですね。
posted by てんちょ at 03:24| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | ファイアボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回は特に突っ込みを入れやすい回でした。
「人形だったのかよ」とか。
あと「○年前」のくだりでまたメルクール歴に関する疑問が現れました。
1期放送時も「メルクール歴1年=西暦1年なのか?」とか議論が起きましたが。
知っての通り今回1期より数字が減ってますが、まさか時間経つと減る暦…なんて事はないですよね。
単に言葉の問題ですか。
Posted by トゥデイ at 2011年05月18日 13:01
>今回1期より数字が減ってますが
 単純に今回は第一シーズンの前のストーリーなんだろう、と思っていたんですが、違うんですかね?ドロッセルがいかにしてツインテールになったか、までの話。
Posted by てんちょ at 2011年05月18日 16:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック