2006年05月11日

おねがいマイメロディ第21話「ライバルの漫才コンビのケンカ別れにつけこんで相手の芸風を変更できたらイイナ!」

第21話「マイメロになれたらイイナ!」

 バク君とマイメロの間に妙な友情が生まれたエピソード。…いや、友情というのは違うか。バク君は世話になった恩義をずっと感じていたんですね。苦労人だけあって、古風で義理堅い性格ってことかな。

 それに対してマイメロは、新しい遊び道具を持ち帰っただけぐらいの気分だったんでしょう。そう考えると、第1シーズン最終盤の二人のトンチンカンなやりとりがよく分かる。

「マイメロ、大変ゾナ!クロミさまがいなくなったゾナ!」

「ふわ〜バク君、どっちがおしりなの?」

 マイメロ派のうちの家族は

「敵にも分け隔てなく優しくするなんて、マイメロはマザー・テレサのような人だわ」

と言っておりましたが、いや、

マザー・テレサは人に迷惑をかけたりしないから。

 クロミ&バクのケンカ別れというのは、子供向け番組の定番でありまして、「カードキャプターさくら」でも「さくらとケロの大げんか」というエピソードが設定されていたことがありましたっけ。え?ちょっと違う?似たようなもんだろ。

 ただ、クロミが性格改善のために白山の妄想力を間接的に利用して黒魔法を活用させるとか、元に戻ったクロミに殴られて、バクが初めてMの心に目覚めるとか、ひねくれた設定が満載なところがこのアニメならではなんですが。

 行方不明になったクロミを空から探すバク&マイメロ。しかしバクに乗り慣れていないマイメロは、急ブレーキをかけた瞬間に転落、慌ててマイメロ救助に向かうバクでした。落ちていくマイメロに近づいていくバクをコマ撮りで描きます。普通、こういう場合、「あわやの瞬間でキャッチ」というのがお約束なんですが、見事、空振りして落下させてしまうのがこのアニメならでは。本当に、主人公に対して容赦ありません。

 で、先ほど申し上げた通り、うちの家族はマイメロ派であるはずなんですが、どういうわけか、夢ケ丘上空から白目を向いて落下するマイメロ様の顔がえらく気に入ってしまったようで、何度も何度も繰り返し見ておりました。落下中にマイメロの魂が抜けるところが特に気に入ったらしく、

 魂抜けマイメロを壁紙にしたい

 と言ってます。あんた、あんなのデスクトップに飾るのか(^^;

 画像キャプ作業は私の役目です。やれやれ(−−;
 あ、でも「マイメロ逮捕」の回の「クロミ昇天」と対になってるのね、これは。
posted by てんちょ at 22:48| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | おねがいマイメロ様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Mに目覚めてしまったバク君を見て、「家畜人バクー」というネタを考えましたが、アゼルバイジャンの首都バクーに住んでいる人のことを考えてオクラにすることにしました。おそまつ。
Posted by ポール・ブリッツ at 2006年05月12日 16:23
わはは。こういうブラックなダジャレをやらせたらポールさんが日本一ですな。雅彦父さんにも見習わせてやりたい。まあ、年頃の娘たちを前にこういうダジャレをやったら袋だたきにされるかもしれませんが(すまん)
Posted by てんちょ at 2006年05月13日 17:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック