2010年09月20日

日本たこルカ奉賛会報其之六十六

 というわけでまた間が空いてしまいました。すいません。前回以降は、MMD杯のエキシビジョン以降ということになるのかな。それもあって件数も順調に増え、2170件に。

http://www.nicovideo.jp/tag/%E3%81%9F%E3%81%93%E3%83%AB%E3%82%AB?sort=f

 たこランも少々てこずっている模様ですが、まずはMMD杯以外からアップすることに。というわけで、こちら。それでもひきずられて過去のMMD作品が上がっとる(^^;



 さて、何から行こうかと思ったんですが、技術の改良を重ねて、とうとうメカたこルカでDIVAクリアに成功してしまったこの動画から。ほんと、すごい執念と愛と技術力。



 エキシビジョンはどれにしようかと思ったんですが、意外とたこルカが活躍しているものが少ない。それで、CMパロで「民家編」で活躍しているこちらを。



 こちらは通常MMD作品ですが、なかなかの大作。ちょっと重い内容…と思わせておいて衝撃のラスト(笑)そして意外にもたこルカが大活躍。たこルカフェでのパーティとかいう次回も期待。



 これはMMD杯作のバージョンアップのようですが、たこルカもなかなかの存在感。浴衣のミクがいいなあ。



 そしてこちら、テトの名作「おうちにかえろう」をMMDに。たこルカの役どころが笑えます。



 ちょっと気が早いですが秋の歌。たこルカは二番を朗々と歌います。いや、暦の上ではもう十分秋なんだけど。それにしても暑いね。



 こちらは逆にいつまでたっても季節はずれにならない歌。とうとう3作目。今回が一番たこルカが活躍したかな?オオマさん風鈴がなかなかの風情。



 とはいえ総括すると個人的には今回のMMD杯はなんといってもこれでしたね。たこルカはひとコマしか出てないんですが(^^;



 意外や意外、とんでもなく衝撃的だったのがこの作品。痛戦車、しかもたこルカ柄て(笑)



 「般若心境」唐突に流行りはじめましたな。今までもやる人はいましたが。個人的にはやはり劇団タコリンのものを推したい。



 ルカ&ミクも定着しました。なんだか物語がひとつできそうな予感のOP。



 意外や意外、衝撃の出オチ作品。これはまあ、あまり説明せず見てもらったほうがいいかな。



 当会大プッシュのオオオマPはたこルカ×ハリィコンビを登場させてから絶好調。ものすごい勢いで作品を連発してます。たしかに「先輩、●●っスよ」が口癖のオオオマハリィはかわいい。



 最近は作品によっては4桁に乗るようになり、喜ばしいかぎり。



 しかしながら、「東京湾最後の日」のアナーキーさに衝撃を受けた身としては、最近の品のよさは少々物足りなかったところ。やはりオオオマ越前が登場してこそのオオオマPでしょう。というわけで、久々に登場したこれはなかなかムチャでよかったです。なんかすごいオチ。



 当会の常連、まねお永久婚活Pもたこルカ×ハリィコンビに注目しているようで、一気に2本作ってくれました。



 特にこちらはすばらしい。なんか泣ける…谷啓さぁん!!クレージーへの愛から「たこルカ音頭」が生まれたという発言には納得。



 そして常連といえばもちろんトリを飾るのはわれらがバトロセンタP。今回は一気に2本。トークロイドの日に合わせた第一作のリメイク。確かにスピード感と完成度が上がってます。



 なんせバトロセンタPに触発されたか、こんなトークロイド動画を作る人まで。ひたすらテンションの高いパトロPの対極ですが、これはこれで味がある。



 そしてこちらがバトロセンタPの新作。



 年末のVM1漫才グランプリも楽しみですが、やはりこの人には誰も勝てない気が…
posted by てんちょ at 03:50| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本たこルカ奉賛会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック