2010年06月15日

日本たこルカ奉賛会報其之五十四 特集ふっきれた

 さて、はやぶさの感動は置いといて(置くなよ)、たまったたこルカ動画を紹介していきましょう。本日は「ふっきれた」について(笑)

 いや、何なんだと言われても私もよく分からん(^^;ときどきニコ動が分からなくなるよね、実際こういう時は。なんかこういうのを「面白い」と思う人々がいるらしい。とはいえ、純粋にたこルカ動画として面白いものも多いので、ザッと紹介させていただきますね。

 まずは断然アクセス数の多いこちら。いや、多い動画と少ない動画の違いってよくわかんないんだけど(^^;

 

 おなじみハバネラPの怪作。この人は、常に快作と怪作を同時平行で作らざるを得ないらしい(^^;



 そしてこれもハバネラP。なんでこんなに多作なの。



 怪作といえばこちらも途方もない怪作ですね。針金人形のミクたちが踊る…と思っていたら、その背景でとびはねているのは無数のたこルカ。ひええすごい。手がかかってるのか抜かれてるのかさっぱりわからん(笑)



 たこルカ好きにぜひともお勧めなのはこちら。なんと「うちのたこルカさんの日常」の水平移動Pがオールキャラでやってくれました。いつの間にかこのシリーズも登場人物増えたなあ。



 えっ、これは「ふっ切れた」じゃないだろうって?いや、実はこの続編がありまして…



 要するに「こっかけんりょくはこわい」というか(笑)まあ、なんにしても説明不能な「ふっきれた」の謎の感染力を垣間見させてくれるという意味では貴重かも。それにしてもルカはいつの間にこんなにも犯罪者なキャラに(^^;



 こちらは原曲の「お茶目機能」も使われているという点で注目。テト好きにはたまらない。原曲、結構スキなんですよ。



 とはいえ、実は一番好きなのはこちら…現在たこルカタグ外れてるのが残念なんですが。なんでだ?ノリの良さと派手さでは出色。



 さてさて、今回はだいたいそんなところですが、こちらもたまっているので、たこランも毎回ひとつずつ紹介していきましょう。あちらもたまってしまって、今ようやくせっせと更新中。



 この回は、えろ豆先生祭りになってたのがなんとも謎でしたね。
posted by てんちょ at 03:29| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本たこルカ奉賛会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「吹っ切れた」は初めて知りました。「みなぎってきた」とは違うのかよ。
確かにニコニコは突然訳の分からない物が流行りますね。
昨年だと「ファミマ入店音」とか「スネ夫が自慢話する時のBGM」とか。
何でだろうなーと言ったら友人に「それがニコニコだろ」と言われました。分かったような分からないような。
Posted by トゥデイ at 2010年06月16日 21:53
本当に何なんでしょうね。トゥディさんも知らなかったんだ。ニコニコは広くて深い。

「ぷちミクちゃんの日常」→「ルカ様がふっきれた」で見ると、なんとなくわかったようなわからないような…
Posted by てんちょ at 2010年06月17日 16:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック