2006年03月18日

しにがみのバラッド。第3話「変えられない結末。」

 前項でも触れましたが、今回は、モモ=希紗=小林晃子とカンタロウ=歩=豊永利行の顔合わせ。われわれ「絶対少年」ファンにとっては重大なエピソードですし、おそらくは望月監督にとってもそれなりの思い入れをもって作られたものであるはず。ん?しかもとまと役は美紀ぃ!それは気付かなんだです(^^;

 いきなり話題がズレますが、委員長・とまと、いいですねぇ。やっぱり女の子は長めのおかっぱに幅広メガネですよ。何で最近のメガネの流行はウルトラセブンみたいな幅狭なんだ。いや、失礼(^^;

 でもあれこれと考えてしまいましたよ。カンタロウじゃないけど、もっと我々は自分の身近にいる人を大切にしなきゃいけませんね。

 こういう話って、盛り上げようと思えばいくらでも盛り上げられると思うんだけど、望月監督の演出は驚くほどクール。クライマックスであるはずの「じいちゃんの宝箱」を開けるシーンもまったく盛り上げられていない。たぶん原作では「とまとこそがオレの宝物だ」とカンタロウが気付くシーンがすごく感情を揺さぶるものになっていたと思うんですが、アニメ版では最初からバレバレ。もちろんカンタロウも、とまとも気付いてたはずで、でもお互いそ知らぬふりで「出来レース」を展開する。これは、そういう意味での「ゲーム」なんですね。たぶん、原作ではそうではなかったと思うんだけど、そういうねじれた構造をあえて持ち込むあたりが望月流かと。

 こういう男女関係って、端から見てると「さっさと付き合え」と言いたくなりますが、当事者たちにしてみればどっちが先に告ったかで相手に優位に立たれるのではないかという恐れが消えない。人間が二人寄れば最小単位の社会である以上、支配・被支配の関係がつきまとい、それは男女間でも同じ。ペシミスティックですが、まあ、これは残念ながら真実です。

 となると、ゲームはゲームでもこれは
「最初と結末だけが決まっていて、途中はどうなるか分からない」
という展開。珍しく高齢者ゲーマーであったカンタロウのじいちゃんが

「(RPGは)次にどうなるか、どこへ連れていかれるか分からない。だから面白い」

とコメントしています。それは確かに一面では正しいんだけど、選択できるのは中盤だけ。結末を選択できるゲームもないではないけど、「正しい」結末は数個程度。

 そうするとRPGは

「定められた結末に向けてどこまで逸脱することができるか」

を競う遊びであると結論づけることができるかもしれません。まあそういう意味では、この二人は「正しく遊んだ」と言えるのではないでしょうか。結局モモたちとカンタロウたちはほとんど関与することがなかったわけだけど、「利用されない選択肢」を提供したという点においては、まあゲームに参加したと言ってよいわけです。

 それにしてもやはり死がほとんど意味を持たないのは相変わらず。それを野心的とみるかどうかで異論もあるようで(というか私の方が異論か)、新米小僧さんが先週の記事のコメント欄で詳しく書いておられます。

http://shinmai.seesaa.net/article/14599101.html#comment

 たぶん「アンチ感動」という望月演出を意味あるものとして感じられる人間はそんなにいないんでしょう。私も、「絶対少年」の2周目なんて酔狂な作業をしていなければ、こんなことには気付かずどこか物足りない気分を感じていたかもしれない。そういう意味では、残念ながら望月監督、やや演出が至らない部分があった、と結論づけるべきかもしれません。「絶対少年」のように読み解かざるを得ない構造になっていれば、そうでもないんだろうけど、「しにがみのバラッド。」の場合は物語をただ漫然と消費することも可能ですから。

 ただ、「生理的感動を排除する」という演出方法は非常に特異であり、今後の発展が楽しみなので、ぜひとも注目していきたいと思います。こちらは「結末も決められてはいない」のですから。
posted by てんちょ at 23:06| 大阪 ☔| Comment(5) | TrackBack(19) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
演出、というよりも、かなりシナリオに左右されているのでは、思うんですよね。

絶対少年での伊藤さんとのコンビは絶妙でしたが、たぶん原作(未読)のせいもあるかとは思うのですが、構成が強引だったり散漫だったり、と正直褒められるものではなさそうな。

いわゆる劇的な盛り上げを拒否する望月演出には、それを見越したシナリオが必要かと。

スタッフ間の相性、コンビネーションが問われる作品では無いかと思われます。
Posted by えみりおん at 2006年03月18日 23:30
ごぶさたしております。
「絶対少年」よりもかなり賛否が割れてますね。まあ、個人的な意見としては、望月監督がやりたいことは分かるけど、戦略的にはもうすこしプラスアルファがほしいかな、というところです。

 それが「脚本」じゃあないのかというえみりおんさんの読みは結構鋭いかも。なるほどなー

 比較のためには原作読んでみたほうがいいんでしょうが、うーん。あまり気は進まないなあ。「キノの旅」で相当がっかりきましたから。ライトノベルって本当にスカスカで、アニメ企画のシノプスみたいなんですもん。
Posted by てんちょ at 2006年03月18日 23:53
初めましてクマナシと申します。
駄文な記事にTBありがとうございました。
Posted by クマナシ at 2006年03月19日 00:53
 リンクを貼っていただきありがとうございました。あのコメントがより多くの方に読まれる事になるとは…。嬉しいやら恥ずかしいやら。この第3話視聴後も、僕の意見は変わっていません。望月さんは健闘していると思います。

 上のコメントについて少し僕の考えを言うと、やはり「原作」のストーリー力の限界が関係していると(あくまでも個人的に)想像するんですよね。未読の作品に対してこうした評価を下すのはホントは良くないのですが…。おそらくは。

 放映が終わったら、原作はチェックしようと思っています。
Posted by 新米小僧 at 2006年03月19日 01:45
>クマナシさん
 こちらこそはじめまして。TBできなかった場合はぜひご報告くださいね。今度もよろしくお願いします。

>新米小僧さん
 まあ、望月さんという人は、原作に寄り添いつつも自分の色で化学変化させてしまう人ではないかと。それにしても、「絶対少年」声優総出演は、本当に何か意図があるんでしょうかね(^−^;
Posted by てんちょ at 2006年03月21日 22:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

しにがみのバラッド。 (#3)
Excerpt: 「ひかりのかなた。」  ロープレ大好き爺さんが、孫へリアルロープレに挑め!という話。  爺さんのお宝を見つけに、ヒロインと2人で旅に出たヒーロー。  原作では3巻の話ですね〜。  今回..
Weblog: Hes:TEAR
Tracked: 2006-03-18 23:26

しにがみのバラッド。 第3話「ひかりのかなた。」
Excerpt: 胸! おしり! 足の指! 望月お得意のフェチアングルが炸裂するこのアニメ。 しかし、どうも見ていて辛い部分があります。 まず背景の汚さ。田舎の風景に不可欠な「草の臭い」やタイトルにもなってい..
Weblog: バラックあにめ日記
Tracked: 2006-03-18 23:31

しにがみのバラッド。 3話「ひかりのかなた。」
Excerpt: 『中学生のカンタロウは夏休みの補修をサボって旅に出ようとしていた。しかし、クラス委員で幼馴染のトマトに見つかってしまう。カンタロウは、亡くなった祖父との約束を果たす為だと
Weblog: ガブリエルのブログ
Tracked: 2006-03-18 23:33

しにがみのバラッド。 #3
Excerpt: 第3話 【ひかりのかなた。】 補習合宿をサボって旅に出ようとしていたカンタロウ。 しかし駅で委員長で幼馴染のトマトに見つかってしまう。 とりあえずトマトには亡くなった祖父との約束を果たす為だ..
Weblog: ★虹色のさくらんぼ★
Tracked: 2006-03-18 23:33

しにがみのバラッド。 第3話
Excerpt: 今回はカンタロウとトマトの話。 モモとダニエルはほとんど男の子と女の子に変身しての登場でした。 前回に続き、死んだおじいちゃんの残した地図があっただけで誰も死にませんでしたね。 内容も、死の..
Weblog: パズライズ日記
Tracked: 2006-03-18 23:35

一昨日の『しにがみのバラッド。』第3話
Excerpt:  亡くなった祖父の遺品を整理していた中学生“市原カンタロウ”は、箱の底から一枚の紙切れを見つける。開けてみると、ものすごく大雑把に描かれた宝の地図と思しきものだった。ゲーム大好きで、生前孫と一緒にRP..
Weblog: 球根栽培法
Tracked: 2006-03-19 00:09

しにがみのバラッド。 第03話「ひかりのかなた。」
Excerpt: {{{: 中学3年のカンタロウは受験前の夏休みだというのに、補習授業をサボって旅に出ようとしていた。 旅の理由は、亡くなった祖父が自分当てに書いた宝の地図を発見したから。 だがクラス委員で幼馴染..
Weblog: AGAS〜アーガス〜
Tracked: 2006-03-19 00:27

しにがみのバラッド。第3話『ひかりのかなた。』
Excerpt: 中学3年のカンタロウは受験前の夏休みだというのに、補習授業をサボって旅に出ようとしていた。しかし、クラス委員で幼馴染のトマトに見つかってしまったカンタロウは、亡くなった祖父との約束を果たす為だと説明す..
Weblog: いまはむかしな物語VOYAGERS
Tracked: 2006-03-19 00:41

しにがみのバラッド 第3話 「ひかりのかなた。」
Excerpt: いいなぁ〜 爺ちゃんとゲームで遊べるなんて とつい思ってしまった私。 さらにさらに。 幼なじみまでいるなんて 憎いね〜この〜w お話自体はゲームの主人公になった少年が 宝物
Weblog: S u n S e t S k y
Tracked: 2006-03-19 01:08

しにがみのバラッド。 第3話 「ひかりのかなた。」
Excerpt: もう何からツッコんでよいのやら(笑)。とりあえず言いたい事。『絶対少年』の歩×美紀コンビが復活しましたね~。これには感謝感激雨あられ、望月監督ありがとう!という感じでした。ホントここまで『絶対少年』..
Weblog: 新米小僧の見習日記
Tracked: 2006-03-19 01:46

しにがみのバラッド。 第3話
Excerpt: 第3話『ひかりのかなた。』 今回はおじいちゃんの話。 珍しいですね。ゲーム好きなおじいちゃんって。 しかも最新のゲーム使ってるし。(PS2とかPSPとか) そのおじいちゃんの死後。 おじいちゃんは最..
Weblog: ニコパクブログ1号館
Tracked: 2006-03-19 01:53

★しにがみのバラッド。 第3話 「ひかりのかなた。」
Excerpt: 【公式】委員長で、生徒会長で、メガネで、メガネで…。ベタすぎる典型的なキャラです
Weblog: 48億の個人的な妄想
Tracked: 2006-03-19 03:08

しにがみのバラッド。 ♯03 「ひかりのかなた。」
Excerpt: バラッド。は総じてクオリティが高いですな。 今回はカンタロウとその祖父のRPGを題材にしたお話。 一話以降は魂を導いていないモモですが・・・それに伴い出番も激減仕様でお届け??
Weblog: The starting world
Tracked: 2006-03-19 17:02

しにがみのバラッド。第03話「ひかりのかなた。」感想
Excerpt: 不思議系アニメ、今回はどんな話なんだ・・・?しにがみのバラッド。(3)見終わっての感想。今回もよく説明できないけど、心になにか感じる話でした。こんな良い話なのに、映像もちゃんとしてる。ってかこのアニメ..
Weblog: accessのweb飛行機写真館
Tracked: 2006-03-19 22:44

『しにがみのバラッド。』第3話 観ました
Excerpt: 今回は、ゲーム好きの爺さんにまつわるアフターストーリーでした。 で、ゲームの種類はRPGがメイン。 だから、今回はストーリーを選択し付きで書いて見るかな? 問い1:死んだお爺さんの部屋を片付けてい..
Weblog: 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
Tracked: 2006-03-19 23:06

(アニメ感想) しにがみのバラッド。 第3話 「ひかりのかなた。」
Excerpt: しにがみのバラッド。―ひとつのあいのうた。 全体的にホワ〜としたこの作品ですが、癒し系とはちょっと違う魅力のある作品だと思います。今回は、中学の男女のひと夏の思い出。私にはなかった経験なので..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2006-03-20 10:30

しにがみのバラッド 第3話 「ひかりのかなた。」
Excerpt: 今週の死神のバラッドは、おじいさんの遺言で、 リアルなロープレに参加した中学生のお話
Weblog: G@ppai
Tracked: 2006-03-20 18:48

しにがみのバラッド。 #3「ひかりのかなた。」感想
Excerpt: 感想 なんでこのアニメのカメラワーク?はエロいんだww お尻とか胸とか生足とかが強調しているwww どう見てもあのハード機はプレステ2です ありがとうございました 海沿いで小..
Weblog: endlessspace-無限空間
Tracked: 2006-03-20 21:05

しにがみのバラッド「ひかりのかなた。」
Excerpt: しにがみのバラッド。 (4)メディアワークスハセガワ ケイスケこのアイテムの詳細を見る  ゲーム好きの爺ちゃんって実際には見たことないな〜。これから出てくるかも、ゲームが好きな老人って。老人は目が疲..
Weblog: KenjiMのブログ〜アニメと野球と音楽と
Tracked: 2006-03-22 09:23