2008年11月29日

テレパシー蘭第23話「蘭と謎のおーいはに丸」

 今回の見所はなんといってもかなりの尺数を使って悪ノリ気味に展開される「古墳魔法少女801ちゃん(違う)」のアイキャッチ(^^;

 いやあここまで見事にパロディ化されるともはやなにを言っていいやら。誰一人ツッこまず放置プレイ、というあたりもイカしてます(^^;最初からこれぐらいバカげたラインを突っ走ってくれればおもしろかったのに。マスコットキャラのはに丸は、どうみても往年のNHK教育マスコットキャラ・おーいはに丸。確信犯やなあ。

 今回で単発エピソードは終了、次回から最終回へ向けての3話連続構成のようなのですが、最後までツッコミ所満載のエピソードを用意してくれるのはさすがです。801ちゃんが「またかいな」と言うてましたけど、結局このアニメって「電波少女・蘭」なんですね(^^;

 そもそも今回のゲストキャラのはに丸がなんで埴輪の中に宿ったのかはさっぱり不明なままだし、まあ大した遺物じゃないんでしょうが、気軽に貸してくれすぎ。そもそも蘭たちも地域文化財とはいえ、素手で持って走るわ地面に転がすわと手荒く扱いすぎ。逮捕されるぞ君ら。資料館から借り出すシーンがあるだけでも、このアニメとしてはフォローされてるほうなんでしょうけどねえ。

 そもそも最後に蘭が女王さまごっこしたらなんですべてがまるく収まるのか、さっぱりわからないんですけど。せめて蘭があのまま女王として残るなら分かるんだけどさ。スタッフもさすがにマズいと思ったんでしょうが、最後によくわからないフォローがされるほどに深みにはまっているというかなんと言うか。ねえみなさん、泥沼、って言葉知ってる?

 ところでここに至ってわかったんですけど、801ちゃんが凛のこと好きだと公言しているのは、何のことはない、手料理食べたかっただけなんですね(^^;うまいもの食べると機嫌がなおる…うちの家族も一緒ですわ(笑)
posted by てんちょ at 23:59| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先週先々週と、せっかくまじめになってくれたと思っていたのにふたたび怪作路線……いやいいんだけど(笑)

冒頭、マジで牛と綱引きをしているシーンも見ごたえがありましたなあ。

もうスタッフやけくそなんじゃないですかねえ。
Posted by ポール・ブリッツ at 2008年11月30日 16:19
本当、これはもう確信犯的なヤケクソですね。どうせゴリ押されるんだったらもう何でもええわという感じでしょうか。本当、現場はどんな風になっているのか…
Posted by てんちょ at 2008年12月09日 00:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「テレパシー少女蘭」第23話
Excerpt: 第23話「蘭、埴輪の声を聞く」また玲奈に頼まれ小説の資料になる本を探しに訪れた図書館で、またまた蘭に声が聞こえてくる。その声は、図書館の近くの郷土資料館にある一体の埴輪からだった。ワカタケルと名乗った..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2008-12-01 15:25