2005年12月06日

MADLAX設定資料集

 久々に「MADLAX」の話をば。
 何かここんとこ、アニメ感想ばかりでしたし。

 ご存知のとおり、「MADLAX」DVD版の全巻購入特典は未発表の「設定資料集」。「the bible」という文字通りの聖典があるのに、いまさらそんなもんいらないだろう、どうせなら、スタッフのパロディマンガ集ぐらいのほうが…とか思っていたのですが、これがなかなかの読み応え。

 せっかくですから、書影だけでもお見せしましょう。
MADLAX.JPG

 A4判横開きと本物志向のなかなか凝った構成。もちろん、大半のキャラ・銃などのデザインは既にDVD各巻特典と「the bible」で公開されていますが、オリジナル設定資料集の復刻ということは、やはりいろいろなことが分かるもので。

 まずひとつには監督・真下のOK印の日付から、実際に作業されたのがいつごろなのか割り出すことができる。スタート時は03年12月で、メイン設定の作業は2月ごろまで続いています。つまり、結構本放送の間近までやっていたわけですね。割と下準備が入念で決して本放送中にアラを見せない人ですが、それほど早い時期に全部済ませてしまうというわけではないのですね。ゲストキャラの設定などは、本放送での視聴者の反応を見ながら微妙に手を加えているらしきことが分かります。

 あと、マーガレットの私服は最初はスカートだけで、途中からホットパンツが解禁になったとか、レティシアの持っている人形の名前が募集中だったとか(結局決まらず、それがああいう結末の伏線になったところはあるかも)、いろいろと貴重な裏話も発見できます。目パチの詳細な指定があるのも、真下演出ならではですね〜

 マドラックスのドレスのカットでは
「あまり胸を揺らして作画に負担をかけないでください。その労力は表情に振り向けましょう」
と書いてあって苦笑。やっぱりみんな、放っておくと胸揺らすのね

 ところで、今回気づいたんですが、第2話に登場するマーガレットの学校の先生が、パートン大佐そっくりなのは、たまたまなんでしょうか(^^;
posted by てんちょ at 12:35| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | MADLAX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10279877

この記事へのトラックバック