2021年01月11日

「Levius -レビウス-」#1

 近未来世界でのアウトローなボクシング。えーと、これ、少し前にあった「明日のジョー」のSF版となんか違うのかな。



 オールCG作画もだいぶん整ってはきましたけど、こういうアクションがもろに出る作品は一番ボロが出やすい気がしますよ。空気人形の上に絵柄を張り付けただけ、という印象がまだまだ残ります。

 一応雰囲気でスチームパンクを気取ってますが、その場合タンクはどこに? 適当に蒸気出しておけばスチームバンクで流行りものっぽくなるでしょ、というのはいささか安易すぎる気がしますが。

 あと、殴り合いのアクションの割には、動きをカメラが追い切れてなくて、主人公の動きのどこがどうすごいのかさっぱり。

 そのくせ、セコンド役の叔父さんがやっぱり片目とか、そういうところだけ妙にこだわってるのが、かえって何がやりたいのか見えなくなってる。そもそもボクシングをやりたいなら、ジョーから離れる努力をすべきだったのでは。

 うーん。これは視聴断念です。
posted by てんちょ at 00:33| 大阪 ☁| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする