2020年10月16日

「トニカクカワイイ」#2

 なんとこのエピソード、ナサくんと司ちゃんの二人だけしか登場しない。ちなみにサブタイトルは「初夜」ですが、お約束なあれこれは登場しません。そのへんは少年マンガなんですが。この後、巻が進むにつれて、直接的ではないけどなんともエロい表現も出てくるんですが、このあたりはまだまだ清く正しくドタバタ(笑)



 ただ、この二人しか出てこないのに、ここまで見せられるというのは、主演声優二人のすばらしさでしょうね。エンドタイトルでたった二人のキャスト表を見て「あ、そうだっけ!」と初めて気づいた次第。

 それにしても、こういう初々しい表現というのは、一歩間違えると大惨事になりかねないわけで、演出も演者もかなりの力量を必要としますよね。もともと原作も大変面白いわけですが、こういうところも見どころだよなあと改めて感じた次第。いや、これからも見逃せないことになりそうです。
posted by てんちょ at 00:46| 大阪 ☀| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする