2020年08月15日

「GREAT PRETENDER」#6

今回からシンガポール篇。んで、詐欺師から足を洗ってマトモな人生を取り戻したいと思っているエダマメが、無理やり合流させられるまでが今回のエピソード。



 意に反して詐欺に参加させられるエダマメがかわいそうに思えてしまうって、やっぱ作品の構成としていろいろ間違っている気がする。あと、途中の手口がいちいち既視感があるのはなんとかならんのか。

 地下格闘技のエピソードも、おっさんがただダマされるだけだとあまり面白くない。どうせなら、気づいたらリングの上で、自分がクビにしたオバさんにボコボコにされるとかだと面白かったのに。

 今までのところ、絵はキレイだけど、意外性はほぼゼロ。いろんなパクりが透けて見える詐欺ものって、本当にダサいと思うぞ。

 このエピソード次第では、見るのやめるかも。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする