2020年06月02日

「啄木鳥探偵處」#8

 残る原作のエピソードは2つだけ。そして、雰囲気はだいぶん違うんですが、「鳥人」は、今回のエピソードと骨組みが似ています。空中浮揚の大道芸人が事故死するというところだけで、むしろそれは脇のエピソードぽいですが。どうなるんでしょうね。



 なんとなく大逆事件と絡めてきそうな気もしますけど。今回は久々に続きもののエピソードとなるようで、なんとなく「陰獣」か「屋根裏の散歩者」をネタにしそうな雰囲気もあり。

 しかし今回は「事件ですよ! 金田一くん」って、明らかに横溝正史を意識したパロディセリフですよねえ。それがわかる人がこの作品の視聴者にどれだけいるかという気もしますけど。もともと金田一耕助は、金田一京助をもじって作られたキャラクターですから、決して奇抜なことをやっているわけじゃない。むしろミステリの王道的な表現なんですけど。

 ちょっと気になってるのは、ずっと事件の断片みたいなものを、あちこちにばらまきながらここまできているから。それが果たしてちゃんと回収されることになるのか、気になるところですね。本来はラストエピソードを最初にやるという大胆なことをやってしまっているので。

 まあ、なんか仕掛けがあることを期待しつつ。まだ4話も残ってるわけですからね、実際。
posted by てんちょ at 23:23| 大阪 ☀| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする