2020年03月23日

「映像研には手を出すな!」#12(完)

 「まだまだ改善すべきところばかりだ」って言いつつ、晴れやかな表情の浅草氏でシメ。本当、浅草氏が主人公としての存在感を見せる最終回でしたね。



 最後の最後で大ピンチ。そこで、思い切って結末を変えてしまう、という浅草氏の演出家魂にのけぞりました。本当、ここまで腹の座ったクリエイター魂の持ち主はそうそういるもんじゃない。感動しました。

 実際問題、本編中で流される「浅草UFO大戦」がいささかわかりづらいのは確かで、あれは演出のポイントをつまんだダイジェストとみた方がいいんでしょうね。本来はちゃんと声も入っていたんでしょうし。それよりか、作品を観た人たちがふと窓の外を見ると、街を突き破って塔がにょきにょき伸びていく姿が見えた、というシーンに震えました。そう、真に優れたアニメには確かにそういう力がある。

 映像研に対立していた人たちも、実はこっそり会場で見守っていた、という展開にはなんか泣けたなあ。あと、百目鬼氏がちゃんと四人目の部員になっていたのもよかった。本当、すごい活躍っぷりでした。二期ではメインのエピソードも観たいなあ。

 世間とうまくなじめないボンクラたちが、それぞれの得意技を使って何かを成し遂げていく、というのは青春映画の得意技だけど、それを自己満足とせず、きちんと世の中に受け入れられる商品としようという本気度が、これまでの作品と違っていたところなのですよね。まさしく遊びじゃない本気っぷり。さすがでした。

 まさに、今期の素晴らしい充実ぶりを代表する一本だったと思います。おつかれさまでした。スタッフにも声優にも、それぞれ大きなステップアップとなる一本だったと思います。これはもう、二期作るしかない。待ってます! 絶対に再会はあると信じてその日にまた!
posted by てんちょ at 01:39| 大阪 ☁| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする