2020年03月12日

「ソマリと森の神様」#9

 なんと久しぶりに再会したのは薬草医のシズノ。やっぱりあんまりうまくないね……



 しかしゴーレム父さんの菓子づくりシーンは、妙に甘いものが食べたくなって困りましたわ。内容的には「ダンジョン飯」めいた架空レシピなんですけど。

 ソマリが歯が抜けそうだということでオタオタするあたりも実にリアルな子供らしくていいですね。アニメに登場する子供は普通、歯が抜けたりしない。そういうリアルな描写があるのも、この作品ならではかもですね。

 しかしシズノも実はソマリが人間だということに気付いてた。それでも、割と無害そうだと思えば詮索もしないしそっとしておいてくれる。本当、異形の世界って優しいですよねえ。人間さえいなければ完全なユートピア。もちろん悪人も犯罪もあるけれど、どうやら差別や偏見はないらしい。それだけでも人間の世界よりはずっとましで。まあ、ゴーレムたちが用心棒としてしばらく滞在してくれと懇願されるというのは、ある程度治安が悪いこうした街もあるからなんでしょうが。

 そして次回はソマリとゴーレムの出会いのエピソードになるらしい。いよいよクライマックスが近づいているようですが。本当、明るい結末がどうか迎えられますように。今期は「映像研」「マギアレコード」そしてこれと、本当に質の高い作品が多くて充実しておりました。最初はなんじゃこれと思っていた「ID:INVADED」もなかなかのものになったし。春アニメはどうなるかなあ。気になるところです。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする