2020年03月01日

「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」#9

 これぞ魔法少女アヴァンギャルド。内世界の描き方がまさに絶品で、飛浩隆さんに見せてあげたい。魔法少女でアヴァンギャルドをやるならこれぐらいまでやらないと。



 全編断片情報の連続で、わけのわからないものになりかねないのに、実際には非常にカッチョよく明快な物語になりえているのがすばらしいですね。孤独な少女と自我を持ってしまったAIが事象の地平線で出会う。ところがそれがマギウスの翼に悪用されそうになり、いろはたちに「消してほしい」とSOSが届く。

 二葉さなとAI=アイとの交歓が本当にすばらしい。まさにインナーVRワールドという感じですね。新シリーズでは一番SFに接近したエピソードでしょうか。今のところ。

 ウワサを読み上げる寺山修司的な演劇空間も見事というほかない。もう、見つめ続けてクラクラするばかり。

 ところで、これ原作ではマミさんもとらわれてるんでしたっけ。そのあたりは省略されてるっぽいのですが、まだ5話! やっぱこれ分割2クールじゃないのかという気がしてきた…… それはそれで長く楽しめるのでいいのだけど。
posted by てんちょ at 01:51| 大阪 ☔| Comment(0) | 魔法少女まどか☆マギカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする