2020年01月19日

「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」#3

 マミさん降臨!!



 いやあ、3話で何が起きるか、誰が死ぬかと不謹慎な期待が飛び交っておりましたが、絶交怪談エピソードはあっけなく解決。ただ、その華麗なるバトルシーンは、ほんにため息をつくような美しさでした。こういう「思いつかなかった」という感じの「観たこともない」世界づくりにかけては、まどマギの右に出るものはない。そりゃあヒットするわなと納得するばかりです。

 しかしその凝りに凝った世界を蹴飛ばして視聴者の注目を一身に集めたのは、エンドタイトル後に唐突に表れたマミさんなのでした。しかもバレないようにということなのか、後から確認しても、キャスティング表に水橋かおりの名はないという。

 いやあ、この作品、相変わらずとことん驚かせてくれる。そうであってこそのまどマギですよね。ただ滅滅と暗かったり悪趣味だったりするだけの模倣魔法少女ものが氾濫している中にあって、本家の風格を見せてくれたことに喝采するほかありません。そう、別に陰険なストーリーが見たいわけじゃない。

 もはやネット上は巴マミ祭り。いやーオリジナルシリーズ3話の騒然たる雰囲気を思い出しますなあ。前回は退場、今回は登場で話題をかっさらう巴マミのキャラ力の強さよ。みんないろいろに料理して遊んでますが、それで耐えうるぐらいキャラとして力があるってことですよね。これはこの先も実に楽しみになってきました。いや、目が離せないとはこのことです。これぐらい1話ずつの牽引力が強い作品って最近ないですよね。まったく、こうでなくては。
posted by てんちょ at 01:12| 大阪 ☀| Comment(2) | 魔法少女まどか☆マギカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする