2019年12月13日

「ノー・ガンズ・ライフ」#9

 なんだかんだいって、今期一番完成度が高いのはこれかもなあ。ここまで付き合うと、いろいろ見えてきます。



 盛大にコケまくってる作品ばかりの中にあって、怪しげながらも骨のある連中が跋扈する得体のしれない世界を、実に魅力たっぷりに描いてくれます。そして、主人公はそれにも負けず強烈かつ存在感たっぷりで、なるほど、この曲者たちを相手にするには、これぐらいインパクトのあるビジュアルを背負ってないとダメだわと納得させられます。

 しかし、これしきのことが出来なくなってるんですよねえ。最近の作品は。ちょっと心配。こういう完成度の作品がウジャウジャしていた時期もありましたが…… ここからアニメが立て直すためには、DVDではなくて、配信で稼ぐ道を考えるしかないんでしょうけど。思えばこの作品、凛々しくまっすぐな少年が主人公の弟子みたいな立ち位置で出てくるのも面白い。こういう屈折してないキャラクターって最近描かれなくなって久しいなあ。最近の少年がみんな屈折してしまったせいでしょうけど。

 そして気づけばもうシーズン末。どうしよう、来期見るもんあるかな(−−;
posted by てんちょ at 02:15| 大阪 | Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

「ブラッククローバー」#113

 おお、久々にミモザが大活躍となりそうな予感。なんか作画はもう無茶苦茶で落書きにしか見えませんが。



 アスタと一緒に組んでエルフとのバトルを進めていくという感じですかね。あいかわらず雑でエンドレスなドツき合いが続くのですが。まあ、ミモザの見せ場がこの先出てきそうという点では大いに期待したいところですよ。これでもうちょっと作画がマシならねえ。

 基本的に、あっちゃんが登場する場面だけ見て、あとは早回しですが、それでも別に困らないというのはどんだけ薄いんだろかこの作品。

 なんか最近のあっちゃんは、動物か聖女かどっちかしかない感じです。個人的には、もっとおもろい系キャラをやってほしいんですけど。来年はほんに久しぶりに「八男てそれはないでしょう」とかいうなろう系ラノベで主人公をやる模様。ストーリーはつまらなそうですが、これもまた、あっちゃんおっかけだけのために、視聴することになりそう。
posted by てんちょ at 02:12| 大阪 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

「トクナナ」#9

 まあ、前回の総集編で、だいぶんとゲームオーバー感が漂うのですが、それでもあきらめずに見てしまうという。まあ、ここまで付き合ったんだからねえ。



 本来ならば、オリジナルストーリーものは、折り返し点を過ぎるあたりから、驚きの連続にならないと、ヒットは期待できません。でも、大半の作品は、ネタを畳むだけで精一杯になってしまうんですよねえ。この作品も、特に驚きの要素はなし、ていうか、ここまで予想通りのラインを淡々と進んでしまっている作品も逆に珍しいぐらい。

 ここまでもったいぶって引っ張った九年前の事件が、なんの意外性もないただのテロ事件で、ここまでほのめかされているエピソードになんのミスリードもないってどういうことだ。ここまで正義正義と陳腐に連呼されるのであれば、それを覆してくれないと面白くない。一見ただの洗脳に見えた松岡くんが、たぶん、信念を揺り動かされる事態があったんだろうということはすでにバレてる。そして、失った右目が重要な意味を持つらしいということも今回判明。ていうか、謎の引っ張り方が下手だなあ。

 あとから「あれはそういう意味やったんか!」と驚愕させるほのめかしもほとんどナシ。思えば、われらが真下社長は、それが本当にうまかったなあと思いますですよ。そういう作品が最近はさっぱり見受けられないのが、本当にさびしい。
posted by てんちょ at 02:17| 大阪 | Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

「この音とまれ!」#23

 おっと忘れてた。これも部活ものといえば部活もの。こっちは本当にガチですよねえ。いや燃える展開になってきた。しかしこれ、ちゃんと終わるんだろうか。



 ひととおり主人公たちの部活の奮闘を描いた後、それぞれのライバル校の奮闘を描いていき、それを非情に打倒していくというのは部活もののセオリーでありますが……

 で、今回は絶対王者の姫坂が本気になる!というエピソード。それはそれで見せるものではあるんだけど…… あーこれは負けるな―という王道感がにじみ出ているというか。ものすごい斬られ役っぽいエピソードでちょっと悲しい。

 「咲」でいえば、完全に風越の立ち位置。結局やられるんだろうな感がにじみ出てます。強いんだけど、ものすごい反則技的な超絶スキルを繰り出してくる連中が続々登場するという中では、正統派は蹴りだされますよねえ。

 そして、「数学」という反則技で次回、玲音高校が登場。あーこれは敦賀だわ。さて、敦賀ほど、「主人公たちを負かしてほしい」と思うほどの強烈な存在感を見せられるかどうか。そのあたり注目ですね。しかし、あと3話でなんとかなるんやろか。
posted by てんちょ at 02:35| 大阪 | Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

「放課後さいころ倶楽部」#10

 なんか自然にカップルが成立しつつあるクリスマス。はーもうそういう季節か。現実でも。



 ただ、この作品が面白いのは、メインヒロインが異様に察しがいいので、自分に好意を寄せられてることをすぐに悟ってしまうという。まあ、剣道部・吉岡くんは悪い奴ではないので、付き合うのもアリかとは思いますが、どうするかね。この二人、特に何の障害もなくひっつきそうな気がするぞ。

 問題はむしろ、高屋敷×田上ペアかも。見た目はチャラ男だけど、異様に純情な田上くん、高屋敷さんとうまくいくのかどうか。天真爛漫だけど、実は父子家庭という高屋敷さん。今回衝撃を受けましたけど、一緒に住んでる主婦っぽい人、あれお母さんじゃなくてお姉さんだったのか。そしてお母さんは自由人すぎる父に愛想をつかしてとっくの昔に出て行ったという。結構みんな裏に闇を抱えているさいころ倶楽部ですけど、高屋敷さんが一番重いよ! 逆にいうと、純情バカの田上くんみたいなキャラの方が、ずっと彼女を笑顔にしてあげられるのかも。まあ、ともかくガンバレ。

 エミーリアと翠は……うーん。いいのか、それで。
posted by てんちょ at 02:39| 大阪 | Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

「PSYCHO-PASS サイコパス 3」#6

 どーすんだ、あと2回で終わりだぞ。



 今回は一応、いろんなところへ行きますが、結局なんか意味ありげだけど空疎なセリフをみんなペラペラとしゃべってるだけ。結果として後付けの設定をズラズラともってこられても、ミステリとしてはしらけるだけなんでしてね。

 最初に新本格ミステリ路線を掲げた以上、それは貫いてほしかった。せっかく斬新だと身を乗り出したらこれだよ! 2話で狡噛たちが出てきたときは「おお!」と思いましたけど、それっきり出てこないし。

 今回のシリーズで一番面白かったのは、結局、課長になってかえって苦労ばかり背負ってる霜月美佳と、旧シリーズから一貫してマイペースな烏之森̪志恩でしょうか。バクチやってる三人組と、なんかたくらんでるっぽいパソコンの前の二人は、今のところ、伏線としてすら生きておらず、なんか意味ありげに空っぽなことを言うばかり。ちょっとずつでもなにがしかが明かされていかなければ、こういうキャラには意味がないわけでしてね。一話ごとに「おお!そうだったのか!」と驚きを見せてこそのオリジナルアニメでしょうに。なんとも残念というほかありません。

 なんかちょっとでもびっくり展開がないかなあ。無理か。あと二回。
posted by てんちょ at 00:39| 大阪 ☁| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

「ノー・ガンズ・ライフ」#8

 最初に危惧したよりは、結構楽しく見られてます。何を言ってるのかよくわからない作品もあるなかにあって、割と変な世界観を納得させつつ見せる技はうまいほうだというべきでしょう。




 主人公の銃アタマは、感情移入できないんじゃないかと危惧していたのですけど、慣れてしまえばどうということもない、というかこれは、声優さんの技量のすごさですね。かくも難しい役を軽々とこなしてみせる諏訪部さんがただただすごい。

 それにしても、変なキャラに異様に豪華なキャストを配置しているのが、この作品の豪華なんだかどうなんだかよくわからないところ。変なビルオーナーを江原さんにやらせるとかどういうつもりよ(^^;

 おっかないタラコ唇烈女の復興局長は日笠陽子だし。いやそれどういうこだわりだ。

 ただ、ここまでくると見えてくるのは、ひたすら諏訪部さん演じる銃アタマ男・乾十三をカッコよいハードボイルドキャラとして描こうとしていることで、ボロボロになりつつ、毎回やせ我慢とともに気丈に立ち上がる乾のハードさは、お見事というほかない。いやいや、ひたすら乾のクールなキメセリフを楽しんでいればいいわけで。これはなかなか快適。

 川井憲治の軽快なサウンドもよく合ってます。シーズンに一本はこういうハードボイルドが見たいもの。あーなんか真下社長が恋しくなってくるではありませんか。復帰してくんないかなあ。久々に。
posted by てんちょ at 01:29| 大阪 | Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする