2019年11月04日

「この音とまれ!」#18

こちらは分割による第二クール。どれくらい売れるかなと心配になりますが、作品自体は琴の音声もしっかり作られているし、ごくありきたりな部活もののはずなのに、大変に面白い。



 第一クール部分が箏曲部が団結して全国という目標にたどり着くまでが第一クール、全国へ向けて奮闘するのが第二クールというところでしょうか。妃呂が武蔵へ寄せる思いがなかなかにいいアクセントとなってますね。普通のベタなラブコメと違って、武蔵、ぜったい気付いてるよね。でも妃呂が動揺しないように知らんぶりしてるあたりがなんともらしくていい。

 悪役として登場してくるキャラをどんどん味方に引っ張りこんでいく引力の強さもこの作品の魅力。個人的には、競技かるた部よりもこっちのほうが面白く感じます。まあ、エキセントリックな他校の生徒たちとの全面対決に挑む「咲」ばりのクライマックスまでは、ちょっとたどりつけないでしょうけどもね……

 こういう地味な素材でも、しっかりと手堅く作りこめば、十分に面白くなる。そういう点では、今後も大いに楽しみです。
posted by てんちょ at 00:29| 大阪 ☁| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする