2019年11月17日

「この音とまれ!2」#20

 そろそろ忙しさから抜けられるといいんですが…… ちょっとたまってた最近の放映をまとめて見て、どうしようかなーと考えて取り上げるのがこちら。うん、なんというか、今期は忙しい以前に、なんか感想の書きにくい作品が多いわ(^−^;



 以前はねーラノベとかのどうしようもないスカ作品を罵倒しつつ楽しむという局面もあったと思うんですが、さすがにこんだけ続くと、そういうのはゼロ話切りするようになってしもた。

 結果、今期は特にハジける作品もなくて、地味に「まあがんばってるかな」という作品ぞろいになってしまいました。そういうのが一番書きにくいんよ。

 そんな中にあって、観れば力作ぶりに心打たれるのがこちら。いや、重たいので見るまでがちょっと気力がいるんですけどね。

 今回のエピソードは、滝浪先生の策士っぷりが光るという点で、なかなか見ごたえのあるものになりました。なんだかんだいって、みんな涼香ちゃんの手の上で踊っている気がする。やる気のない名ばかり顧問のようなふりをしつつ、人を焚き付け、巧妙に望む方向に動かしていく策士っぷり、ある意味で最高の名顧問ですよね。

 今回なんて、心の闇から抜け出せずちゃぶ台返ししそうなさとわを否定も説得もせず、ただ判断を一時保留にすることで、気が付けば悪意の人物を味方につけることに成功してしまう。何気なくボソッと言う言葉がいちいちハマる巧みさ。さとわじゃなくても「あんたは何なんだ」と言いたくなりますよね。でもそう気づいたときはもう十中八九、涼香ちゃんの術にはまってるということです。

 ある意味、稀代の人タラシの名物顧問の視点でこの作品を見ていくと大変に面白いかもしれません。あ、もちろん、晶とさとわの合奏シーンのように、演奏音声の作りこみが半端じゃないからこの説得力が生まれるんですけどね。

 

 
posted by てんちょ at 22:56| 大阪 ☁| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

「ブラッククローバー」#109

 なんか気付いたら「トクナナ」の感想しか書いてない! いや別に今期はこれが一番面白いというわけではないんだけど。



 その一方で、ただ早回しでチェックするだけで終わってるこの作画崩壊番組ですが。今回は久々にミモザが活躍するので見ました。まあ、兄弟漫才が見られるので、そこそこ楽しめるかな。浪川さんのナルシストボケ芸に、あっちゃんがどれだけ適格にツッコミを入れるかがポイント。まあ、演者としてはボケ側の方が楽しいでしょうけど、パンチの聞いたセリフで、会話にテンポをつけるあっちゃんもさすがです。

 まあ実際、この作品自体はどうして続いているのか謎な出来栄えですけど、1クール・2クールで終わるのが当たり前な短命展開の昨今にあって、2年たってもまだ終わらない作品にレギュラーで出られているのはほんとにありがたいことです。まあ、実際キャストは本当に豪華ですよね。なのに作画とストーリーが本当ダメだからなあ。

 来年は久々に正ヒロインをとったようだし、ぜひともがんばってほしいところ。むろんトークの方は安定してるので、「ひもてはうす」2期のうわさとかそろそろ聞きたいところですよね。
posted by てんちょ at 00:13| 大阪 ☀| Comment(0) | 西明日香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

「トクナナ」#6

 なんだかんだいって、楽しんでるのは確か。フルキャスト展開になってからが、結構面白い。



 ただ、今回の展開見てると、割と全員活躍という点ではよくかんばってストーリー考えてんなとは思うんですが、みなさんご指摘のとおり、かなり雑。これは、オリジナルのうまみを生かせておらず、かなりつらい。この時期は、いろい謎を振りまいて、検証班を動員しないといかんでしょ。オリジナルをわざわざやる面白さを生かし切れてない切なさを感じます。

 せっかくの刑事ものミステリなんだから。キャラを動かすだけで精一杯で、一人だけ地下で撃たれて悶えてたクジャクが、唐突に合流してたのには、さすがにのけぞった。ちょっと安易すぎ。なんのために一人だけ分断したのよ。そういう伏線をうまくいかせない作品は、ちょっと先が期待できないかも。うーん今期唯一のオリジナルだけに期待してるんだけどなあ。しかしこれ、腐女子の妄想に依存しすぎ。敵キャラに松岡くんを据えるとか、いろいろ声優に依存しすぎですよねえ。
posted by てんちょ at 01:28| 大阪 ☔| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

今季のラインナップ

 なんかスゲー忙しくて、なかなか更新できないです。すんません。でもまあ、今期も見てることは見てて。

月 バビロン

火 ブラッククローバー

水 放課後さいころ倶楽部

木 PSYCHO-PASS 3

金 ノー・ガンズ・ライフ

  炎炎ノ消防隊

土 この音とまれ!2

日 警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ-

 というわけで、実にきれいに割れてるんですが、毎週心待ちにしてすぐにみる作品というのがないなあ。やたら刑事ドラマの多いクールですが。一本も毎週保存しないクールになってしまいましたね。見てるうちにどれかは面白くなるんじゃないかとは思ってるんですが。案外「ノー・ガンズ・ライフ」だったりして。
posted by てんちょ at 02:19| 大阪 | Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

「トクナナ」#5

 このへんから本編に入っていく感じですね。まあ、まだまだ一瀬と七月のバディものっぽいですが。




 ようやっと、四季彩サムライさんは、一話以来、久々に出てきた印象ですわ。はじめてトクナナがそれぞれの特性を生かしてチームで取り組む感が出てきたなあという感じですが。

 敵方のボス・ウォーロックも初めて本格的に登場。愉快犯的なアナーキストキャラが見えてきました。なかなか魅力的ですが、まだトクナナチームとはほとんど接触すらしていない印象。ショッピングモールのテロも定番といえば定番で、ここまでかなりベタなテロを延々やってる感があるんですが、たぶん敵はまだ試運転段階で、なにか違うことを考えているっぽい。さて、それをどう察知していくか。

 やっぱ、スナイパーのジイさんが活躍してナンボという気はします。まだ作戦的にはゆるいですよねえ。そろそろ走り出してほしいところですが。
posted by てんちょ at 01:26| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

「この音とまれ!」#18

こちらは分割による第二クール。どれくらい売れるかなと心配になりますが、作品自体は琴の音声もしっかり作られているし、ごくありきたりな部活もののはずなのに、大変に面白い。



 第一クール部分が箏曲部が団結して全国という目標にたどり着くまでが第一クール、全国へ向けて奮闘するのが第二クールというところでしょうか。妃呂が武蔵へ寄せる思いがなかなかにいいアクセントとなってますね。普通のベタなラブコメと違って、武蔵、ぜったい気付いてるよね。でも妃呂が動揺しないように知らんぶりしてるあたりがなんともらしくていい。

 悪役として登場してくるキャラをどんどん味方に引っ張りこんでいく引力の強さもこの作品の魅力。個人的には、競技かるた部よりもこっちのほうが面白く感じます。まあ、エキセントリックな他校の生徒たちとの全面対決に挑む「咲」ばりのクライマックスまでは、ちょっとたどりつけないでしょうけどもね……

 こういう地味な素材でも、しっかりと手堅く作りこめば、十分に面白くなる。そういう点では、今後も大いに楽しみです。
posted by てんちょ at 00:29| 大阪 ☁| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする