2019年10月19日

「BEM」#12(完)

 今更ですが、やっと最終回を視聴。あーなるほど第一部完みたいなのですね。第二部あるかわからんけど。



 要するに坂本真綾のマダムは、とってつけたような仮のラスボス。最後に封じられるけど、いつでも復活できそう。そして、実際にベムたちと戦っていた実働部隊の親玉のDr.リサイクルはまんまと逃げ伸び、次なる展開へ秘策を練る。仮面ライダーでも首領だけが倒されて副官が逃げ延び、次シリーズにつながっていくってありましたもんねえ。Dr.リサイクルは、仮面ライダーの死神博士みたいなもんだ。死神博士は生き延びられなかったけど。憎めない愛嬌と達者さって、結構共通点多い。

 ていうか、この作品、Dr.リサイクルさえ生きていれば、いくらでも続けられますよね。ラスボスはそのつどデッチあげればいいはずで。たぶん、見えざる議会の次なる統領がラスボスになるはず。本当、そっちは別に何でもいいわけですよ。実際に話を動かしていくのはDr.リサイクルなんだから。

 諏訪部さんの楽しそうなことといったら! 実際、この作品で一番演じたくなる魅力的なキャラクターというとこの人でしょうねえ。

 人気があるんだかないんだかさっぱりですが、なぜかしぶとくいろいろな形で作品化は続いているので、制作陣には異様にやる気があるのは確か。だから、なにかしら続いていくんではなかろうか。そういう意味では、第二シーズン、期待します。個人的にはたいへん楽しかった。いまのアニメヲタの連中がこういうのを好むとは思えませんが。いっそDr.リサイクルを主人公にしては? それだとマジでDVD買うかも。
posted by てんちょ at 01:59| 大阪 ☔| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする