2019年02月06日

「ブラッククローバー」#69

相変わらず雑な作画と面白くないストーリーが続いていますが、まあ、あっちゃんにお仕事くれているのはありがたい。今回もちょっとだけですが。

 

 基本的にヤミが出る回にはもれなく登場してくれるのですが、そもそもヤミが出る回がメチャクチャ激減してしまってまして。いや、ヤミってアスタとライバル同士のサブ主人公じゃなかったでしたっけ。まあこういう雑な展開もいかにもジャンプですけどね。あと体育会系至上主義と単調なバトル展開。

 最近はもう少し練った「デスノート」とか「暗殺教室」みたいな作品も増えてきたみたいですけど「ワンピース」とか「ハンター」と
かみんなこの路線ですよね。どこが面白いのかまったくわからないけど。

 それにしてもこの作品、さほど売れているわけでもないのにどうして継続できているのか。原作が売れればそれでよしという方針なのかもしれませんけど、本当に売れてるの?

 とはいえ次回は功績発表ということで、あっちゃんがもう少し出るのでは? この作品の期待値はほぼそこだけですね。
posted by てんちょ at 00:50| 大阪 | Comment(0) | 西明日香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする