2019年02月01日

「ひもてはうす」Disc1 ルポ#4

というわけでいよいよ4枚目〜 最後はアマゾン特典のブルーレイです。これがなきゃあ3000円近く安く買えるんやけどな(^^;

ひもてイベント.jpg

 要するにこれの時の映像で、今となってはなつかしい。そうそうえにしのキャラデザがまだできてなかったんよなあ。ある程度字幕でフォローされてますけど。イベント時にはニコ動の有料配信でフルに見ているのにどうして買うのかと言われそうですが、もはやあれ見られるわけではないし。放映後の視点で見返すならば、これを手にいれるしかないと。しかもDVDじゃなくてブルーレイ。ニコ動の粗悪な画面と比べたら雲泥位の差なわけで。やっぱ舞台の細部までくっきりわかるのはありがたいなあ。

 ただ実際の公演時間は90分。これに対してディスク本編は60分。わざわざ30分詰める意味ある? ダテコーさん演出のステージって。割と細部のどうでもいいようなところが面白かったりするので、「え、あの部分がないの?」とかそういうのはちょっと悲しかったなあ。「今回はアドリブパートとかふざけたことは一切やりません」とか大ウソつくシーンとか面白かったのに。あれ、特にフォローがなかったから「ダテコー考えなおせ」って、放映後にマジで文句言ってる人が多くておかしかった。

 とはいえ、配信版ではいまいちぴんとこなかったアドリブパートのライブ再現が、放映後に見ると「ああそういうことか」と得心がいくのはうれしいことでした。だいぶんと違う印象を受けますね。「名言クイーン選手権」も、本編見て、完全版音声聞いて、今回のステージを観ると、どういう流れでアドリブパートが演じられているのかが見えてくるあたりも面白い。

 実際の収録でもカメラを回しているそうだから、音声ではなく映像も見てみたい気がするんですけど。でもそれやるとますます「アニメいらんやん」って言われてしまうんやろうなあ。とはいえ、このライブ版でのあけさんの「ぼっち焼肉」は神がかってましたね。すばらしい。
posted by てんちょ at 00:28| 大阪 ☔| Comment(0) | ダテコー監督 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする