2018年11月25日

「ゾンビランド・サガ」#2〜8

 なんか気が付いたら大騒ぎになってる。というわけで、半信半疑で追いかけて見てみました。最近は、何かのオンライン会員になっていれば合法的に追っかけ視聴ができるのがとてもいいですね。まあ、適用するのはこれが初めてですけど。



 全部見た感想。うん、確かになかなかよくできてる。ブラックなアイドルもののパロディとして、非常に手堅くまとまっています。ちょっとした時間潰しにはぴったりでしょうね。ただ、これほど熱狂的な賛辞に包まれて大ヒットしそう、という展開には正直戸惑いますが。いや、そんなんやったら「ひもてはうす」観ようや。

 まあひとつには、私がアイドルものに微塵も関心がないからでしょうね。そういう意味では「グリッドマン」とは熱量が違う。あちらは逆に、特撮にまったく関心がない人にとってはグリッドマンは「なんかおもしろいね」程度でしょうし。まあ、フェティッシュな描写が案外面白くはあるけれど。自分が特撮にそれなりに思い入れているから「グリッドマン」が面白く観られているのとは、やっぱり違いますよね。

 ただ「ゾンビランド・サガ」は、宮野君は毎回面白いし、なんか全体に異様な雰囲気が漂っているのは確か。つまり何を目指してこういう作品をわざわざ作っているのか、いまだにさっぱりわからない。そもそもなんでゾンビなの? という大疑問に最終回までになんらかの答えが出るかどうか、かなあ。

 あと、今のところ狂言回し的な役回りにとどまっている宮野君なんですが、キャスト表ではあくまでも先頭、主役扱いなんですよね。ということは、ここから最終回に向けて、なんらかの仕掛けがあるはず、と信じたい。まあそういうわけで続きはこのまま見ようかな。いまんところ、「ベルゼブブ」と「メルクストーリア」あたりのポジションかなあ。自分の中では。
posted by てんちょ at 00:14| 大阪 ☀| Comment(2) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする