2018年11月05日

「ひもてはうす」#5

 もはや半分が大喜利パートに。というか、ドラマパート15分、大喜利パート15分でよかった気がするんですけど。



 ダテコーさん曰く、新規さんがビックリしないように、少しずつ大喜利パートを増やしていくとのことでしたけど、まあ、そんなことしなくても、みんな待ちかねてましたから。やっぱり、これぐらいたっぷり時間を取って見せてくれると面白いなあ。というか、未放映大喜利パート全部に映像付ける、ということにすれば、これディスクがメッチャうれるんじゃなかろうか。

 「ひもてはうす乙女の危機回避術選手権」ということで、いろんなシチュエーションでの危機回避小芝居が展開されてましたけど、どっちも相方の方がインパクトあったのがこの番組ならではだなあと。回答者以外にも相方役が指定されるシステムなので、即興コント的なセンスが問われます。

 まずあけこ姉さんが引いたのは「食事の誘いがしつこいプロデューサーを断る」というお題でありました。みもりんのオヤジプロデューサー演技は迫力ありすぎ。あけこ姉さんは言質を与えないように慎重にふるまってましたけど、そっちの演技がかすんでしまっていたという。みもりん変なスキルあるな。

 そしてえにしことあっちゃんは、「絶対に人に見せないからと言って裸写真を送らせようとする彼氏」のおねだりをいかに回避するか、というお題。彼氏役に指名されたのは案の定あやっぺで、完全に洲崎西の茶番を画像付きで観られるという豪華な取り合わせに。もうファンは大喜び。ツイッターの中継も盛り上がったのなんの。

 そして、あやっぺの彼氏は、これ演技じゃなくて地だろう(^^; マジであっちゃんの画像欲しがってグイグイ迫ってくるという。それに対するあっちゃんの断り方が
西「いやー私下半身ボーボーだよ?」
ぺ「いいよ、オレはどんなえにしだって愛すって決めたし、じゃあ上半身だけでもいいし」
西「でも上半身もボーボーだし」
いや、ネコだからそうだろうけど(^^;
 あっちゃんの断り方の無茶苦茶さも面白かったけど、「じゃあ、試しに俺が先に送るから」とあやっぺに迫られると「わかったー」と電話を切ってしまうえにし。いや、あかんやん!

「ちょっと見たいと思ってしまって」

 って、あっちゃん完全に地になっとる。完全に洲崎西ですわ。いやー楽しかった。来週も楽しみだ。やっぱダテコー作品はこうでないと。
posted by てんちょ at 01:31| 大阪 ☁| Comment(0) | ダテコー監督 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする