2018年07月16日

「少女☆歌劇 レヴュースタアライト」#1

 実は見る気はまったくなかったんですよ。またアイドルものかと。ところが、ネットでの反響がやたらすごい。しかもどうやら幾原監督の弟子の人らしく、かなりケレン味たっぷりの謎演出が全開の奇怪な作品であるらしい。ということを聞いたら見るしかないでしょうやっぱ。



 
 幸い、土曜日は何も見るものがなかったし。いやーこれは確かにすごいわ。まあそれでも近年の幾原作品に比べればまだわかりやすくて、これぐらいならそれなりにウケるかもしれませんね。いや、個人的には幾原監督の新作も見たいけどさ。

 前半は演劇学校の「ごきげんよう」な日々が語られるこぎれいな作品でしかないんですが、キリンが登場してからは完全に意味不明な謎テンションの作品になっていきます。いやなんのこっちゃ。でも作画はすごいし、アクションも見事。これは、なんか見ないわけにはいかない。いやはや、しかしどういう形で畳むのやら。

 ていうか、幾原監督はどうやって弟子にこんな説明しづらい演出スタイルを伝授したのだかちょっと聞いてみたいですね。ともかくも、今期はオリジナル作品に期待できそうなものが多く、うれしい限り。前期のひどさがウソのよう。これはひとまず視聴確定です。最初は本当、どうなることかと思いましたけど、実に楽しみになってきました。

 特にこの手のオリジナル作品でストーリーが続いているものは、どう展開していくのか、予想し合うのも楽しみ。まずは序盤どう出るか。目が離せないことになりそうです。
posted by てんちょ at 00:30| 大阪 ☀| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする