2018年07月14日

「天狼 Sirius the Jaeger」#1

 どうも女性向けと敬遠している人が多いみたいですが、もったいない! 個人的には今期一番の期待枠でしたが、少なくとも第一話は期待にたがわぬ面白さでした。



 スタイリッシュな演出といい、キビキビした作画といい、ゴージャスな美術と画面構成といい、本当隅々まで私好み。ストーリーはありがちなバンパイアハンターものですが、時代設定でちょっと新鮮な内容になりそう。

 子安・大原とヴァンパイア陣営が実に豪華ですね。そういう点でも楽しめそう。アクションがダメな映画って、なにをやってるのか煙と透過光でごまかして、結局わけがわからないことになってしまうものですけど、小道具に凝ってカメラワークに凝ることで、これでもかとアニメならではの動きのカタルシスを見せてくれる作品があることには、本当にありがたいと思ってしまう。

 そう、こういうのが見たいんですよ。われらが社長の代表作もこんな感じでしたが。

 最近とんとこの手の枚数食うオリジナル作品は見なくなっていたので、こうしてチャレンジする動きが出てきたのはうれしい限り。わざとらしいテンプレートな美少女軍団やイケメン軍団じゃなくて、ちゃんと男女混成チームのバトルで群像劇になってるのもいいですね。カーチェイスあり、肉弾戦あり、剣戟ありと実に多彩。

 今期もダメかなあと期待薄だったんですが、後半になって急速に盛り返してます。これは今期はそれなりに行けるかも?残るは「ハッピーシュガーライフ」と「つくもがみ」ですが、どうやら10本程度は確保できるかもという感じになってきました。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする