2018年07月02日

「ISLAND」#1

 というわけで、慌ただしく関西も新シーズンに。今期もあんまり期待できそうもないんやけど。




 なんかどうみても、よくあるゲームものの幕開けですよね。記憶喪失とかループとか。扉を開いてみたら美少女が詰まってて。ド田舎なのに自分以外はすべて美少女で。なんかわざとらしい神社があって美少女巫女とかかがいて。都合よすぎ。

 なんか一話見た段階でいろいろ見えてしまったし、なんかもういいやという感じ。これで先が気になるとか微塵もなかったです。すまんけど。

 ただ、ちびっ子キャラなのに30代にしか見えなくて、朗々とうますぎる歌を披露する田村ゆかり姫はちょっと面白かった。美空ひばりじゃないんだから。そのあたりは、いろいろと面白くて評価できるポイントではあるんですけど、普通にヒロインさせたらアカンでしょ。幼女なのに熟女感かもし出してるところが面白いわけだから。

 とはいえ「いかにもゲームですね」という出だしは、この手のノベルゲームが飽きられてしまった理由が分かる気がしますよ。ほとんどこの手のゲームをしかなった私でさえ「あーはいはい」という感じなんだから、ヘビーユーザーはまさに「うんざり」でありましょう。

 当然もう観ません。しょっぱなからこれか…… ちょっと先が思いやられます。うーん。
posted by てんちょ at 23:40| 大阪 ☁| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「BEATLESS」#20

 なんかモヤッとした小休止。もちろんこれで終わりではなくて、あと4話、秋に放映されるそうだけど、もはや誰が見るんだろうか。いや、私は見ますけどね(^^;



 なんか「昔はよかった」発言も、動画で見るとすごいクサい感じになりますね。本来ならここ、エリカ・バロウズの見せ場なんだけど。あと、同席してる悪徳財界人・政治家が、いかにもらしい凡庸な巨悪で、ちょっとなんだかなあ。もう少し新しい時代の「悪」を見せてほしかった。

 そして、最後の最後までただただ会話してるだけなのね。まあ、ほんまに動かしてる余裕はないから、ひたすら会話で繋ぐしかないのだろうけど。これが万策尽きたアニメというやつか。

 ただ、これでは原作者が気の毒すぎるので、せめてラスト4話は「おお」と思わせるぐらいに盛り返してほしい。このままだと、何かすればするほど墓穴掘るばかり負債が増えるばかりなので。

 本当、2クールをこれほどうまくつかえなかった作品も早々ないですよ。本当に残念でならない。原作を応援していた立場としては。SFファンの呻き声が聞こえてきそう。この夏のジュラコンはある意味反省会になるんでないかしら(^^;
posted by てんちょ at 00:11| 大阪 ☀| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする