2018年01月28日

「ポプテピピック」#4

 今回は前半もなかなか豪華。佐藤聡美と日笠陽子ですよ。ただ、AC部から始まって比較的長くてくどめだったのは、わざとなんだろうなあ。そこは明確にスベってますが。



 たぶん、ここまで来たら、この型は少なくとも折り返し点まで維持するということになるんでしょうね。前半は若手アイドル声優でストーリーを頭に入れさせておいて、後半はベテランにとことん遊ばせると。

 そして今回の後半は神谷明+玄田哲章コンビ。いろいろ共演してますが、「北斗の拳」のつもりかな。2人ともこういうネタは得意中の得意なんで、いやはや楽しそう。特に最後の「メリーさん電話」の話は、キレ声の玄田さんに「逃げんなコラァ」とか言われたら、そら逃げるわ。メリーさんにリダイヤルかけたらさっきより遠ざかってる、というネタは純粋にネタとしても面白かったけど、やはり玄田さんにやらせると面白さが倍加する感じで、さすが大御所という感じですよね。

 ただ、今回はいろいろとパロディネタを詰め込みすぎて、メイン声優二人が少し影が薄くなってたのが残念。2話のように、繰り返すように見せかけて、ちょっと変えてそこも声優ネタで楽しめるようにすべきでは。まあ2話の評価が高いのは千葉さんの演技がまさに絶品だったからですけどね。千葉茂ならこうだろう、というのをカバーしつつさらにそれを上回ってきたから。

 今回のお二人もうまいんだけど、その実力を発揮するようなネタがもうひとおし欲しかったかな。そこはちょっと残念でした。
posted by てんちょ at 02:21| 大阪 | Comment(3) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする