2018年01月10日

「りゅうおうのおしごと」#1

 いや、ラノベ原作にしては結構期待してたんですよ。結構真面目に将棋描いてるということだし。将棋連盟全面協力らしいし。



 んで視聴した結果。「三月のライオンがあるから要らなくない?」

 まあそんな感じでした。この人、「のうりん」の人ですよね。あれも農業高校を丹念に取材してると評価が高かった作品ですけど、露出狂の女教師があまりに不快で見てられなかった。
 これも、押しかけ弟子が小学生の美少女というのはまた耐えられるとして、露骨に全裸で玄関で迫ってくるとか明らかにやりすぎ。作者真面目な人らしいから、取材も真面目にやるけど、サービスシーンも露骨にやりすぎるんやろうか。でも、ここまで行くと「さじ加減って知ってる?」とか言いたくなってしまう。

 あと、女王様気質の姉弟子に頭が上がらないとか、ちょっと理解できないですね。あと、将棋クイーンの人気が不自然に高すぎる。そもそも残念ながら、対等に戦えないからこそ女子リーグがあるわけで、ずっと実力が下の棋士にペコペコしているというのはあまりにも不自然。
 いやファンタジーだよ、というのなら、男性棋士の世界に乗り込んできてガンガン勝ち進んでることにすればいいんですよ。「ふたりっ子」という先例もあることだし。変なところでリアリズムを貫こうとするから、かえって不自然さが浮き上がってる。
 金沢と大阪が舞台だから、個人的にはとてもうれしいはずだけど、ちょっとこれでは観続けられそうもない。というわけで視聴断念です。この原作者、やっぱり肌が合わないみたい。
posted by てんちょ at 00:04| 大阪 ☀| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする