2018年01月04日

「宇宙よりも遠い場所」#1

 というわけで、冬アニメ第一弾。は?南極アニメ? という感じで、実のところまったく期待しておりませんでした。オリジナルではあるんだけどね。



 なんか暑苦しく夢を語るものを見せられそう、しかも後半はファンタジー一直線なんだよなあと思ってました。

 んで、第一回。まあ、無気力で気弱な女の子がウジウジしてる冒頭はもう黄金パターンで「またこれか」とすら思ってたんですけど。サブタイトルが「青春しゃくまんえん」。んで、女子高生のカバンから現ナマ100万円がこぼれおちて主人公がそれを拾うという展開。いや、そんなんアリ??

 むろん製作サイドもバカげてるというのはわかってるでしょう。いくらコツコツためて南極に行くぞと吹聴してまわってるからって、その現ナマ持って廻る?? どう考えても銀行に貯めてますよね。ただ、あまりにもバカげすぎていて、インパクトは見事というほかない。「青春しゃくまんえん」というサブタイトルも絶妙だし。まあ、バカバカしいからこそ、インパクトがある。

 「百万円貯めて南極行くぞ!いや難しいのはわかってる!」

 と自己完結してくれるヒロインでありますが、ちなみに調べてみたら、南極に行くだけだったら、100万円でなんとか可能。JTBとかけっこうパックツアー結構あるで。まあ3日程度の滞在でお母さんの遺体が発見できるくらいなら、とっくに発見できてるでしょうけどね。

 じゃあ、この連中はどうやって南極に行くのか? 普通に考えたら、「私の夢」コンテストで優勝するとか、部活でテレビ企画に持ち込むとか、まあ、絡め手が必要なわけで、そこにドラマが生まれてきそう。ただ、キャラクターデザインは「東京マグニチュード8.0」みたいな感じで、かなり名作路線型の地味め。これがはたして売れるのか? と不安になりますが、まあしばらく様子を見てもいいかなと。オリジナルだし。というわけで、視聴確定です。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする