2018年01月02日

「ゆるキャン」に軽い不安

 今期もとてもたくさんのアニメの新番組が予定されています。まあ予断は持たずにラノベでないもの、極端に女子向きでないもの、アイドルでないもの、昼間の子供向きでないもの、第二弾でないものは観ていこうと思っていますが。まあ、今の判断基準で相当な作品が消えますけどね(笑)

 それでもたぶん15〜20本程度は第一話は目を通すはず。そんな中にあって実は期待している一本が、原作既読のあfろ原作「ゆるキャン」。これ、伝説のカルト公式二次コミック「魔法少女ほむらたむら」の作者の作品。

魔法少女ほむら☆たむら ~平行世界がいつも平行であるとは限らないのだ。~ (1) (まんがタイムKRコミックス) -


 まどか二次では大絶賛を受けたヒット作。マジで大爆笑の怪作SFで、むしろこれをアニメ化してほしい気分。これに対して自作のオリジナルは風呂敷を広げすぎて破綻しては打ち切りという失敗を繰り返していたんですが、これはかなり売れたらしく、目下5巻まで順調に刊行中。

ゆるキャン△ 5巻 (まんがタイムKRコミックス) -
ゆるキャン△ 5巻 (まんがタイムKRコミックス) -

 まあ、きらら系お得意の日常ものなんですが、キャンプの緻密な日常描写とギャグ描写のバランスが大変にいい。ただ、まさかアニメ化まで至るほどの作品とは思えず、原作ファンながらちょっと驚いている次第。



 んで、この作品、緻密な日常描写なくして作品が成立しないはずで、このPVの安っぽい画面を見た瞬間に「大丈夫か……」と軽く不安に襲われた次第。もちろん本編ではびっくりするような緻密な展開で、われわれを驚かせてくれるはず…… いや本当、期待してますから!(切実)
posted by てんちょ at 00:54| 大阪 ☀| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする