2017年08月08日

「プリンセス・プリンシパル」#5

 今回が5話目なのですが、エピソード7。前回から微妙に遡った時系列となります。エピソード3だとばかり思い込んでいたので、ちょっとぴっくり。



 サムライ娘・ちせの合流は結構遅かったということですね。そして前回4話で示されたのがcase9ですから、さほど時間が経っていない段階でのお話。今回はちせ合流ということで、この世界での日本の姿を示すものとなるのですが、使節団の大半がチョンマゲで、和服の上に背広を羽織のように着込んだケッタイないでたち。ひょっとしてこの世界の日本は公武合体で侍が生き残ったのでは……と思ったりもしたんですが、「幕府の亡霊」とか言ってますから、やはり明治維新はあった模様。

 おそらく堀川公は、岩倉使節団になぞらえたものでは、と指摘している人がいてなるほどと納得しましたよ。つまり戊辰戦争の直後、明治新政府は出来立てのホヤホヤなのですね。そしてエピソード9では堀川公はマゲを切って背広の洋装をしていますから、まさにちょうど過渡期。なかなか細かいなあ。どこまで見ている人に通じるか、ですが、ここでもシャッフルが生きている。

 今回は単体のエピソードでも実に完成度が高く、走る列車を飛び移りながらの刀剣と銃を交えた派手なアクションの連鎖。そして苦みのこもったハードボイルドな結末。これぞ「NOIR」ですよ!父さん。
 アクションシーンで梶浦節炸裂のよく歌詞がわからない声楽が鳴り響いているのもいい。ああこういうのが見たかったんだよなあと本当感慨深かった。剣戟シーンでの刀の重みを感じるやり取りも実に良かった。手描きのアニメならではですよね。
 なんか本気でディスク買おうか迷い始めてる。まあこの先の展開次第ではありますが、少なくともこのエピソードは確保したい感じ。「NOIR」で言えば3〜4話というところですね。「暗殺遊戯」と「迷い猫」はシングルカットでも楽しめる好篇でしたから。

 アクションにツッコミ所満載と言ってる人はいますが、それは我らが真下ブランドでも同じことでして、リアリティよりも映像的カタルシスを優先させる姿勢こそが映像表現の妙味で、面白いんですよね。それこそがアニメならではの面白さなんだと思う。

 そして次回は大半の予想を覆してなんとcase18! さてさてどうなりますことか。間を開けてランダムにエピソードを積んでくるあたりがポイントですね。空いている部分に何があったかと考えずにはいられないわけで、なるほど、うまいというほかない。次回も楽しみです。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☔| Comment(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする