2017年07月25日

「プリンセス・プリンシパル」#3

 さてこの作品どのくらいヒットするかなあ。ヒットしてほしい。こういう野心作がなかなか通りにくいご時世だけに。



 そして今回は前回に引き続いて普通に過去ストーリーが続いてました。さてどういう風に展開することになるか。まあ日本人ニンジャ娘がまだ未参加ですから、チームが固まるまではこのまま行くのかな。そして今回は、王女の側近、ベアトリスがチームに心預けるに至る経緯の物語。

 確かに王女は王女で野望があるとはいえ、側近少女の思惑は別なわけで、第一話のように信頼感あるチームプレイが流れるように成し遂げられるためには、それなりの段階が必要となるはず。そういう意味で、非常にきっちりとツボを押さえてくるこの脚本は大いに信頼できるものと言えます。

 確かに第一話で自在にボイスチェンジしてましたけど、ああそういう過去があったのか。貴族社会がマッドサイエンスに席巻されるとどうなるか、という、ある意味では非常に興味深いパラレルワールド実験。きちんと大元の設定を踏まえつつ、それがひとつひとつ、エピソードの伏線としても機能しているのがすばらしい。最近は、かなりいい加減な脚本も多かっただけに、こういう精緻さはもっと大切にしたい。

 ベアトの声帯模写で危機を回避する場面で、敵もザルではなくて、ひっかけの質問を仕掛けてきて、そこはアンジェの高性能(これも事前に伏線がある)を強調する仕掛けでかわす、という二段階の仕掛けが実に見事でした。こういう丁寧さがみられる脚本は最近少ない。どうしても時間が足りなくてやっつけになってしまうんでしょうが…… 日本アニメの魅力は作画よりも演出と脚本と思っているので、矛盾なく話を繋ぐだけでなく、うまく伏線をリンクさせていくカタルシス、オリジナルならではの醍醐味、もっと見せてほしいものですよね。
 
 それにしても、これだけシリアスな展開の後に、締めは「帰ってきたドラえもん」というのはなんともまた小粋ですなあ。ますます次回が楽しみになってきました。今期のトップはどうやら間違いなくこれになりそうですね。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする