2017年06月11日

「エロマンガ先生#9」

 いちおうマサムネ先生メイン回らしい。でも、この人はっきり言って相当にウザい。



このイタいキャラを前に平然としてる主人公は、さすが松岡ボイスだと感服するほかないんですが。私だったらまっぴらごめんです。いや、だって、こういう重い系のキャラは、絶対後で見返りを求めてくるから、「美人だから」とか「俺のこと愛してくれるから」とか一時の気の迷いでなびくととんでもないことになる。

 ただまあ、今回は純然たる「女難コメディ」としてよくできていたので、ただただ笑わせていただきました。まあ、マサムネ君はそういう星の下に生まれてるということですよねご愁傷様。

 それにしても、ひたすらダシにされる国光先生はマジで怒っていい。酒飲んで荒れるぐらいなんですか。未成年たちが人生そんなもんかとナメてるのは耐えられんですよね(笑)
posted by てんちょ at 03:11| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする