2017年06月06日

「リトルウィッチアカデミア」#22

 いよいよクライマックス、ものすごい作画! その一方でクロア先生の端末を掴まえようとして蚊叩きコントみたいな動きを繰り広げるアッコに笑う(^^;



 こういうしっかりと見せ場をつくりつつ、実は本当のクライマックスはその先にあったという……まさに衝撃でしたよ!これは。シャリオは最後まで明かさないのかと思いきや、こんなとんでもないところで判明するという。そして、アッコが劣等生であることにもちゃんと意味があったのでした。誠にもってあなどれない、というかおそるべしトリガー。

 わたしはまーったく忘れてしまってたんですが、これは要するにダイアナが一時魔法を使えなくなってた、という前回までのエピソードも伏線になってて、おそらくは最後にアッコを奮起させる役割を負うんですな、ダイアナが。

 オリジナルのいいところ、2クール使った丁寧な伏線が見事に生きてます。それにしてもこれはなかなか残酷な展開。安易にキャラ殺生とかしなくても、衝撃を与えることは可能なんですね。結構この先はすごい展開になりそう。要はアッコの根性が滅びゆく魔法を救えるかどうかという話で、たぶんそれが最後の言の葉の意味と重なってくる。なんでシャリオには最後の言の葉だけ手に入れることができなかったのか、というのもいろいろと意味をもってきそうだなあ。何にしても、オリジナルで先がこんなにも気になるってこと自体が大成功の証。NHKで日曜朝とかに再放送するといいのに。
posted by てんちょ at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする