2017年06月05日

「エロマンガ先生」#9

うん、まあエルフ先生メイン回ですよね。いいんじゃないでしょうか(棒)



 基本この作品の魅力はコメディだと思っているので、こういうテコ入れは不要というか。まあ、若い衆はこういうの喜ぶのかね。エルフの魅力はド変人なところだから、こんなシリアス芝居しなくていいです。

 むしろエルフ兄とマサムネが語らっているところに天井から降ってきて「あ、あんた、あれほどのぞくなって言ったのに!」とかやってほしかったですよ。まあ、悪い子じゃないのは最初からわかってるんですが、それを今更ながらに強調されると萎える。

 こうなるとみんなクリエイターだということを完全に忘れてて、困惑します。クリエイターだからこその歪んだあれこれがあってたぷんそこが面白いと思うのに。

 しかしエルフさんはまだコメディとして意味のあるキャラクターだと思いますが、ムラマサさんは本当にただ危ない人ですね。なんで同席許されてるんだろ。しかしムラマサさん、好きな作家のお蔵入り原稿って誰でも読みたいものだというのは分かるけど、たぶんがっかりするぞ。百年の恋も冷めるほどに。
 
 なによりぜんぜん関係ないのにこの変な四角関係に引っ張り込まれた国光先生は怒っていい。いちばんかわいそうなのは彼でしょう。これを島崎信長君がやってるというのが笑えますけどね。
posted by てんちょ at 00:33| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする