2017年04月05日

「リトルウィッチ・アカデミア」#13

 あ、何事もなかったように2クール目に突入している。OP変更はなしか(^^;



 なるほど、生贄にされてバハロワを一年鎮めるぐらいなら、悩みを払って浄化してしまおうと。なんか魔女というより陰陽師になってるぞ、アッコ(^^;

 そういうアイデアを思いつくという点でも、なかなか悪くない素質を持っていると思うのだけど、残念ながら実力がついてきてないという。そういうアッコのダメな部分もかなりしっかり描いてしまっているのだけど、観る側にあまり鬱積がたまらないのは、各キャラに魅力があるからでしょうね。そもそもライバルであるダイアナは「もういっそ主役やれ」と言いたくなるほど高潔な優等生だし、校長以下教師陣も変人ではあるけど、基本的にはマジメで誠実。そしてもちろんクララとスーシーは、いい凸凹コンビだけど、アッコの不屈ぶりには敬意を払って、気のすむまで付き合ってくれる。

 ハリポタと決定的に異なるのは、主人公にはなんの特権もないどころかむしろハンデ背負いまくりで、それでも根性で突き進んでしまうところ。今回は、見る人が見たら一目置く、というレベルではなくて、全校生徒も来賓も、アッコたちの奮闘には思わず拍手を送らざるを得なかった。その点では大きな一歩となりましたね。でも、栄冠を獲得するのはやっぱりダイアナ。まあ、求められた役割果たしていないわけだから確かに受賞対象とはされにくいかも。ただ、ダイアナは初めて大きな敗北感を受けることになります。さて、これで優等生は今までのような鷹揚な態度でいられるかどうか。ちょっと物語が動き出す場面となりそうです。
posted by てんちょ at 23:51| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

「西明日香・吉田有里の #たびび!!」#3

 しまった2回目見逃した(涙)




 というわけでせめて3回目見ましたよ。今回も開始時間を勘違いしていて、慌てて5分押しで視聴開始。泊まった宿のオーナーも結構面白い人だったみたいで、かえすがえすも2回目を見逃したのが残念。

 アベマチャンネルを開いてみたら、いきなりあっちゃんが鮭と格闘してのけぞりました。本当、次から次へと果敢に苦手なものと格闘するなあ。次の旅ではキュウリにチャレンジしたらどうだろう(無慈悲)

 しかしあっちゃん、一瞬たりとも視聴者を退屈させず、常に何かをやり続けていようとする心意気や実によし。しかし料理の才能は本気でないのね(^^; まあ鮭を三枚におろすなんて、素人には難しいことこの上ないわけで、だからこそ撮ってネタになるわけですけどね。

 なんか前半はゆーきちが出てこなくて困惑したけど、どうやら宿で待っていたらしい。ゆーきちは鮭が好物だというのに、なんで行かなかったんだろう。まあ、今回の旅であっちやんはわさびも鮭も食べられるようになったとかでよかったよかった。偏食矯正ツアーかいな。

 そして宿を離れた後は突然のダンジョン攻略とか、罰ゲームの買い物合戦とか、いちいち場面場面で楽しませてくれる。「シグマの旅芸人コンビ」という書き込みありましたけど、まさに同感。このままあちこち旅していく企画だと思っていたので、たった三回で終わってしまって実に残念。それほど予算もかからないだろうし、ぜひ継続してやってほしい。ていうか、BSだったらテレビで流しても十分視聴率が稼げるよこれ。そのへんのゆるい旅番組よりずっと面白いし。

 なによりも発見は「わさび大王」で、ぜひこれディスク発売してイベントもやって、ゲストにわさび大王呼んでほしい。あっちゃんガチ勢たちが早くも大王わさび園行って、大王に会ってきたらしい。ただの声優ファンの野郎たちにも丁寧に応対してくれるわさび大王、まさに観光の鑑! いっそこれを機会に、あっちゃんとゆーきちは長野の観光大使になるといいと思う。

 しかしこれディスクほしいなあ。切望。
posted by てんちょ at 23:59| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西明日香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

「アリスと蔵六」#1

 関西春アニメはこちらからスタート。渋いな。



 われらが「コミック リュウ」発アニメ化作品第二弾となったのがこちら。実にまさかの展開。「モンスター娘」が第一弾だったのは納得できたんですが(見なかったけど)、次はまず間違いなく「セントール」か「ヒトミ先生」の人外系路線をひた走ると思っていたので。これ、玄人受けする作品ではありますけど、アニメ化してヒットするかといえばとてもそうとは言えない。

 なにしろご覧のとおりゴリゴリの個性的な画風で、動画として動かすのはひと苦労のはず。だいぶん個性をそぎ落していますが、結果としてやや魅力が減じているのは実に残念。まあ、もと絵のままでは動かすのはほぼ不可能だからなあ。とにかく動かすだけでやっとで、ところどころヒョコヒョコした軽い絵になってしまっていたのが実に残念でした。中華料理屋で蔵六がビールを注ぐシーンとか。あれじゃ絵コンテを中割しただけでしょ。ほとんど奥行といえるものがない。

 そして、派手なアクションを駆使しているのはいいけど、結果として安いCGが浮き上がってしまっている。自動車が紙細工みたいに重さがなくなってるし、作画場面との整合性も低い。

 蔵六の大塚明夫は、ちょっと若すぎるなあ。あれじゃ五十代ぐらい。父・周夫だと実に渋いジジイをやってくれたろうになあ、と残念な気分。まあ、でもジジイ役でならした大御所のみなさんは、ほとんどが鬼籍に入られてしまっているので、結果として明夫氏ぐらいしかいないのか。特に、明るいご隠居さんじゃなくて、ムスッとした頑固オヤジでないといかんわけですから、銀河万丈、麦人あたりではちょっとトーンが変わってしまう。それぞれいい大御所ではありますが。

 特にこの作品では、日本語の通じないガキんちょたちをつるし上げて一喝しなきゃいけませんので、あえて蔵六を若くするのもひとつの手かもしれない。確かに大塚さんにアイアンクローかまされたら、大抵の悪ガキは泣き出してしまうでしょう(^^;

 子供たちの超能力バトルはありふれていますが、そこに頑固ジジイを放り込んで攪乱してみせたのが本作品の独自の味わい。若干作画面と製作費のクオリティには不安が残りますが、明夫クオリティでなんとか乗り切ってくれるんじゃないかというのが第一話をみたとりあえずの感想。ひとまず視聴は確定。期待してます!
posted by てんちょ at 23:48| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

「小林さん家のメイドラゴン」#12

 なんかここまで癒し系アニメになるとは意外でしたわ。原作はもうちょいとブラックな感じなので。



 京アニがやると細部を詰めていく形になるので、こういう形で人情味が出てくるんですね。「日常」も「たまこまーけっと」もこういう感じですが。原作はそこまで日常重視ではありませんから。

 はてこんな感じだっけと思いつつも、結構楽しく観れてしまう。これって、小林さん役の田村睦心のカリスマ男前演技があればこそですよね。キルミーでソーニャちゃんやってたの、もう5年も前なんやなあ。あのころはここまでうまいとは思いませんでしたけど、その後男前キャラを磨きに磨いてここまで来た感じですよね。なんせ今や「体育会系ラジオ」とかやってるもんなあ。

 最終回一歩前の今回は各キャラの平和な日常を振り返りつつ、トール父の来襲を最終回に据えると。まあなんとかいい感じで着地できそうかな。楽しみ。
posted by てんちょ at 23:59| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

【明坂三上のよたんぼぱやぱや】番組振り返りニコ生!

 いよいよ終わりかあ……と考えながら観ていたら、予想を上回る充実した内容に驚愕してしまいましたよ。いやぶっちゃけすぎでしょ(^^; 本気で予算をきれいにゼロにしてしまったので終わるしかないと(笑)そこでこのPRニコ生ではハッピーターンとスルメをツマミにボチボチ飲んでいたという。



 しかしまさか手描きアニメが軽く一本作れる金額注ぎ込まれたとは予想外ですわ。しかもロケした各回の飲み屋でいくら使ったかを次々ぶっちゃけていくかという(^^; 焼肉屋がそれなりに高いのは納得だけど、まさかもんじゃが1位とは! そして一番安かったのは第3回の「てげてげ」。これもびっくり。2人で飲み食いして7480円?? そのひとつ上が16510円と倍以上にはねあがってたんですから。てげてげ無欲すぎ。首都圏でそんなことしてたら近いうちに潰れるで。潰れないうちに一回行ってみたい。

 後半になって予算が削れてきているのをあけこ姉さんが推理していたのにもびっくり。さすが金のことでは鋭すぎるほどの鋭さ。そして1位は63144円。てげてげの9倍!! スタッフの弁当を配りそびれたのでスタッフも食事したのが敗因とか。

 そしてそして後半の企画は「新人さんを探せ」ゲーム。これがすごい伝説の展開に。常連がわざわざ新人のふりをして書いてきているので、それを見破って真の新人さんを見分けろ、という企画。みんなうまいなあ。推理スキルの高いあけさんもすっかりダマされてた。新人だと擬態した常連だと思ってはねてみたら、これが逆に新人だったりするという。いやー盛り上がったなあ。

 本編のディスクは別にいらないけど、これ逆にディスクほしいわ(^^;

 次回は果たしてあるのか? こちらも注目ですね。今度は毎回スタジオで、視聴者から送られた地元の酒を吟味しながらあーだこーだ言うのなんかどうだろうか。
posted by てんちょ at 23:33| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダテコー監督 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする