2017年02月08日

「リトルウィッチ・アカデミア」#5

 いや今回は大したものでした。脚本と演出の勝利。途中まで今回はアクション系かなーと思わせておいて、まさかこういう展開になるとはねえ。そしてよくよく考えてみると結構丁寧に伏線が張られてる。



 しかもこのエピソード結構後々まで響きそうで、つまり科学に押されて魔法が没落しつつある伝統工芸みたいな状態の中で、どうやって盛り返していくか。そこに落ちこぼれなのに決して折れない熱血バカのアッコの強みがあるってところでしょうか。

 ハリポタなんかだと、ここで主人公が威光を振りかざすところなんだろうけど、この作品の場合は圧倒的な存在感を見せているのはあくまでダイアナ。まさに完璧超人なんだけど、わりといい奴っぽくて、大活躍しててもそれほどイヤミにならない。

 そして友人たちがそれぞれの得意技を生かして、今回もそれなりに活躍している中にあって、アッコだけがまったく何もできていない。普通なら落ち込んでひきこもりたくなるような展開ですけど、どういうわけか鋼の心臓でひたすら突っ走る。まあ、誰にでもできることではなくて、これが彼女の才能なんでしょうね。それが実際に活かせる機会が来るのはいつのことか。これ、結構長丁場のシリーズみたいだから、落ちこぼれ状態が案外続くかもですね。

 そしてヤンキー体育会系バカのアマンダとアッコはいいケンカ友達になりましたとさと……(^^;
posted by てんちょ at 00:15| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする